クラシスホームで建てる家づくりの軌跡を綴っています。

#16.【自宅ダイエット】間取り徹底見直しで図るコストダウン。

どもども! さぅです。

この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。

前回を読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。[sitecard subtitle=前回を読む url=http://www.pierohowtolaugh.com/[…]

 

前回までのあらすじ。

クラシスホームで考えうる限りのフル装備の家の間取り図と見積もりを提示してもらった。

しかし当然そんな贅沢プランが予算に収まるはずがなかったのであった。

 

6分の1。

叩き台としては、パーフェクトと言っていい間取り図だった。

間取り図を見た瞬間に「土地ここに決めて大丈夫そうだな!」とまで思った。

しかし予算オーバーが100万円とかならまだしも、400万円となると話は別!

だって考えても見てよ。2,350万円の内の400万円を削るんだぜ・・・?

つまり全体の6分の1をカットすることになる。

 

いやいや6分の1て。

それ絶対原型留めてないだろっ!!!

まいったな~。まさかフル装備とは言え、ここまで想定を超えてくるとは・・・。

 

しかも忘れてならないのは400万円削ってようやく予算ギリギリということ

これからもキッチンやら外構やら予算が上がりそうな要素がゴロゴロある。

というか絶対上がる。間違いない!

今後の戦いに備えて、余力は残しとかないと。

さもないとローンが払えなくなって泣く泣くマイホームを手放す未来へ向かうことになる。

 

さぅ
この状況じゃ土地決めれないな・・・。
そうだね・・・。
もう少し現実的なプラン見てからじゃないと・・・。
分かりました!
早急に修正プラン作りますっ・・・!

 

最悪次のプランが出来上がる前に売れてしまったとしても致し方ない。

その時は縁がなかったと思って諦めよう。

そう思い、とにかく今は最速でコストダウンし修正プランを練ることにした。

 

注文住宅をコストダウンする8つの方法。

 

限られた時間の中、クラシス営業とコストダウンを図るべく話し合った。

結論から言えば、コストダウンの方法は3つしかない。

 

コストダウンする方法
  •  家を小さくする
  •  オプションを減らす
  •  値引きしてもらう

 

さぅ
別に400万円値引きしてくれてもいいんですよ?
ムリです!(キッパリ)

 

400万円値引きしてもらえたら問題は全部解決だけど、さすがにそんなわけはない。

さーて、冗談はさておきコストダウンしていくぞ!

コストダウンって希望を諦めていく作業に思えるけど、要は必要なものを見極める作業だ

これは言わばダイエット!

贅肉を落として理想のボディを手に入れるぞ!!!

 

ちなみに前記事で紹介したコストダウン前の間取りはこんな感じ。

 

1階部分
2階部分

 

さぁ、理想の家を切り刻むぞぉぉぉぉ~!(吐血)

 

実行したコストダウン方法は、主にこの8つ。

 

1.家を小さく。

王道だけど、これが一番手っ取り早いし効果も高い。

家をスリム化じゃぁぁぁぁぁーー!

 

考えてみれば家を小さくすることって悪いことばかりじゃない。

 

家を小さくするメリット
  •  家事導線が短くなる
  •  掃除が楽になる
  •  冷暖房も効きやすいし
  •  光熱費も下がる
  •  庭を広くできる

 

もともと提案されたプランは土地をフル活用していたから、37.43坪と希望より大きかった。

正直こんなに大きくなくても全然いい。

 

坪単価50万円だとしたら、1坪削っただけで50万円安くなる!

削っちゃえ! 削っちゃえ~!

 

2.建物のカタチをシンプルに。

建物のカタチをシンプルにすると大幅なコストダウンが図れるらしい。

なんでそんなに変わるんだろ? って思ったけど図に書いてみたらすごく納得がいった。

同じ面積でも使用する資材・人件費・工費を削減できる!

手書きで申し訳ないんだけど、今回提示された1階部分だけを考えてみてもこれだけ違う。

 

 

考えてみたら建売住宅とかもすっげー形シンプルだもんね。

あれは1階と2階の面積が同じ面積になる「総二階建て」と呼ばれている設計らしい。

結局、シンプルなのが一番コスパがいいようだ。

なんだかんだああいうタイプが一番攻守優れたオールラウンダーで強いんだよね。

せっかく注文住宅で建てるから凝った形にしたいけど、凸凹しすぎも正直好みじゃない。

少しシンプルにしてもらおう。

 

3.バルコニーを最小限に。

バルコニーがまぁまぁするのだ。

見積もり金額はなんと30万円以上!

ベランダやバルコニーがあるのは当たり前だと思ってたし、広いバルコニーに密かな憧れもあった。

 

でもよく考えたら広いバルコニーっているか?

バルコニーの用途って3つくらいしか思い浮かばない。

 

  •  洗濯物・布団を干す
  •  エアコンの室外機を置く
  •  アウトドア気分を味わう(ただし広いバルコニーに限る)

 

アウトドア気分味わうのもなーー。

海外みたいで憧れるけど、僕のことだ。100%飽きる。

ごはんをバルコニーに運ぶ自分が想像できない。

何回かは楽しむだろうけど、絶対すぐ使わなくなる。生粋のナマケモノだもの。

 

ゆくゆくは洗濯ものは、ドラム式乾燥機付き洗濯機&室内干しのコンボで済ませる予定である。

そうなると洗濯ものをわざわざ2階のバルコニーまで運んで干すことはほぼなくなるはず。

となるとたまーに布団を干す時と室外機を置くためだけのバルコニー???

うーーーーむ。いらねー気がしてきた。

 

掃除するのも面倒くさいしなぁ。

今のアパートだって1年経つけどめんどくさくて1回も掃除したことない。

しかも雨漏れリスクもある。

うーーーーーーーーーん。本当に必要かな・・・。

 

ただ、いきなりなくすのも怖かったので、小さくするにとどまった。ビビりでさーせん。

 

4.畳スペースを小さく。

もともと4.5畳と大きくなかったけど、大人2人が寝れれば十分なので削ることに。

誰かが家に泊まりに来ることなんてあっても年に数回だし、布団も他の収納スペースに置いておけばいいはず。

押入れもカットした。

 

5.書斎スペースをなくす。

僕はまだっ! ぜんっぜん!

諦める気ないけどなぁぁぁぁぁぁぁーーーっ!!!

書斎スペースにパソコン置いて、ブログ書きたいんじゃーーー!!!(しかしその声は届かない)

 

6.階段の吹き抜けをなくす。

音や匂いが筒抜けになるのも嫌だし、スペースを取るのでなくすことに。

吹き抜けのお洒落さはよく分かるんだけどね。実用性も大事。

吹き抜けにすると初期費用だけじゃなくて、その後の光熱費にも懸念があるし。

だったらリビング階段自体採用しない方がいいんじゃね?

とも思ったけどそこまでは踏み切れず、ひとまず省スペース化してもらうことにした。

 

7.廊下を最小限に。

以前建売内覧会に行った時に、実際に廊下のない家を見て分かった。

廊下は削りすぎるのは怖いけど、最小限で全然いい!

長い廊下があっても雑巾がけレースくらいしかできない。最小限にしよう。

 

ちなみにその時の記事はこちら。

あわせて読みたい

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。[sitecard subtitle=前回を読む url=http://www.pierohowtolaugh.com/%e[…]

 

8.床暖房をやめる。

LDKに床暖房を付けてもらってたけどやめた。

床暖房は20~30万円で思ったよりはお値打ちだったけど、付けたところで使わない疑惑。

結局採用するのはやめた。その理由はこんな感じ。

 

床暖房を採用しなかった理由
  •  あったまるまで時間がかかる
  •  使った時、電気代・もしくはガス代が結構かかる
  •  修理費が高額
  •  エアコンで事足りる

 

床暖房つければエアコンいらないですよ! って言うなら絶対導入したと思う。

でもどっちも付けなきゃいけないんだったらエアコンでいいやってのが我が家の結論。

 

修正プランを待つ。

以上のことを踏まえて、クラシス営業に再プランニングをお願いした。

今回挙げたこと以外にも予算に合わせる策を練ってきてくれるらしい。ありがたや~。

 

日にちはお約束できませんが、とにかく最短で作ります!!!
さぅ
助かります!!!

 

事前審査の結果発表。

数日後。お盆も間近に迫ってきた頃。

そうこうしている内にローンの事前審査の結果の連絡が入った。

果たして結果はいかに!

 

 

クラシス営業
ローンの事前審査、無事通りました!

 

無事承認! ぱふぱふ!

よかったぁぁぁーーー! サクラ咲いたーー!

ローン借りられなかったら全て水の泡だもんな。

無事に通って肩の荷が下りたぜ・・・。

これまでの人生。無遅刻無欠席で真面目に生きてきてよかった・・・!(関係ない)

 

さっ、これで土地の買い付けに立候補する権利を得たぞ!

あとはクラシス営業の修正プランを待つのみ!!!

同じく待ち状態の不動産営業からも、時折進捗状況を確認するメールが届いていた。

そしてクラシスホームとの打ち合わせから1週間後。

とうとうこんなメールが来た。

 

不動産営業
プランが出来上がったら、すぐ連絡ください。
今回検討いだたいている土地で、他に検討をはじめたお客様がいらっしゃいます。

 

いよいよ早い者勝ちの様相を呈してきた。

うぉぉぉぉぉぉ。クラシス営業! 連絡はまだかっ!

 

土地の最終チェック。

修正プランがもし満足いく出来だったら、土地は決定かもしれない。

待っている間、本当にその土地でいいのか再確認しておこう。

数回、時間帯を変えて候補地に足を運んでみた。

昼・夜の街の雰囲気や交通量を確かめたり、自転車で駅まで実際に走ってみたり、周りをぶらついてみたりした。

 

双方の親にも「この土地に決めるかもしれない。」と連絡し、土地を見に行ってもらった。

土地を決めるとなると2人だけの問題じゃないからね。

「いいんじゃない?」って感じの反応だったので一安心。

 

そして世間がお盆休みに入る前々日。

クラシス営業から待ちに待った連絡が入った。

 

お待たせしました!
修正プランのご用意ができました!!!
明日にでも伺いたいのですが、ご都合どうでしょうか?

 

ムリにでも予定空けるに決まってる。

あけるも何も予定なんてはじめからないけどね!

善は急げ! 翌日の仕事終わりに、修正プランを自宅まで持って来てもらうことにした。

 

余談。家系ブログとの出会い。

少しだけ本編から離れてブログの話。

ちょうどこの頃。注文住宅のことを綴っているブロガーさん達の存在に気付いた。

今年の春くらいからうっすらブログやりたいな~と思ってはいた。

でもこのジャンルでこういうブログが書きたい! というものがなかったので尻込みしてた。

 

でも家系のブログを読んでくうちに「僕も家づくりについて書きたい!」と思えたのであった。

その数々のブログの中でも僕に「物語形式でブログを書こう!」というきっかけをくれたブログがあるので紹介します。

 

八郎さんの「セキスイハイムbjベーシックを建てたブログ2ndシーズン」です。

 

セキスイハイムbjベーシックで家を建てたブログ

家の知識ゼロの40代情弱おっさんが、突然思い立ち、セキスイハイムで家を建てたらどうなったのかを物語形式で綴ったブログです…

 

セキスイハイムで建てた家が完成するまでの紆余曲折が余すところなく書かれています。

家づくりをする楽しさも苦労も伝わってくる良ブログです!

「あ、こういうブログも面白いな~。」と教えてもらいました。

10月30日に340話にのぼる建築日記編が完結。お疲れ様でした!!!

 

そんな出会いもあり、家づくりの裏でブログやりたい欲が高まっていくのであった・・・。(ただしまだまだ始めない。)

 

それではまたっ! See You Again!

更新情報とか日常で感じたことつぶやいてます。