妻の勇姿に惚れ直した!夫目線の立ち合い出産レポ。地獄の始まり編。

どもども! さぅです。

5月24日に息子が生まれました。

コロナで最後までどうなるか冷や冷やだったけど、運よく立ち合い出産もできました。

つまりそういうことです。

 

さぅ
ついに僕も出産レポを書く日が来た・・・!

 

ブログはじめた時はまだ妊娠発覚前だったからなんだか感慨深い・・・。

というワケで今回は、夫目線から見た立ち合い出産を日記風に書いてみます。ちなみに自然分娩です。

(だぁーーっと思いつくままに書いたら長くなったので、前編・後編に分けるよ!)

 

予定日から9日目。出産前夜。

妊娠41週と2日目の夜。

予定日を過ぎても息子が出てくる気配はない。

 

エイリアンだったらどうしよう。
さぅ
うんうんそれなー・・・ごめん今なんて言った?
だって予定日から9日だよ?
それなのに何の気配もないなんてさ・・・。
この子がちゃんと人間なのか不安になってきた。
さぅ
また凄いところが不安になったね・・・。

 

先日、クリニックと相談した結果。

今日まで陣痛が来なければ、明日から入院することになっていた。

42週を超えると赤ちゃんにも妻にも負担が増える。そうならないために陣痛促進剤を使うのだ。

息子よ、延泊もここまでだってよ。

 

出産したらしばらくお風呂入れないから今日は満喫したよ~。
さぅ
準備はバッチリだね。
じゃ、明日朝7時半に迎えに行くから。

 

エイリアンじゃなければ数日で生まれるはず。

クリニックに着いたら、1秒たりとも他のことは考えたくない。

そう思って会社には「息子の顔を見るまでは出社しません。」と宣言をしてきた。根回しって大事。

 

あぁー。でもいよいよなんだ。10ヶ月あっという間だったなぁ。なんだかドキドキしてきたぞ。

どう考えても大変なのは妻なのにどうしようまったく寝れる気がしねぇ!(小心者。)

 

と、とりあえず布団の中で目を閉じていよう。

頑張れよ、明日の僕。

 

出産当日の朝。

いつものようにアラームで目が覚めた。

ぼんやりした頭でiPhoneを見るとLINEが1件来ていた。

んんん・・・誰だよ、こんな朝もはよからー。

 

 

 

 

な。な。な。

 

\ なんだってーー!!? /

 

し か も 1 時 間 以 上 前 や ん け !

光の速さで目が覚めた。若干テンパりながら妻に連絡を取り状況を確認。

 

0時頃にお腹がズキズキ痛くて目が覚めたんだけどトイレ行ったらおしるしがあってー。
さぅ
あぁ、あの出産が近づいてきたサインだっていう出血のことね。
そしたら10分間隔で痛むようになってきて。
でも朝にはクリニック行く予定だったし様子見てたんだ。
でも明け方にいよいよ我慢できないくらい痛くて・・・。
クリニックに電話したら来てもいいって言うから、親に病院送ってもらったんだー。

 

ひ、ひとりで5時間以上も様子見てたの!??

メンタル鬼か?

 

それにしても入院直前に動き出すこの感じ。

息子は夏休み最終日に宿題をやっつけるタイプかもしれない。

 

とにかくまだらしい。よかった。

「生まれる時、気づかず寝てました☆」だったら一生後悔するとこだったわ。

 

とにかくすぐにクリニックに向かうと言ったら「とりあえずまだまだだと思うから朝ごはん食べて用意して病院きて」と言われる。

初産は時間かかるって言うし、病院も近いからまだ大丈夫か。

 

グラノーラをドカ盛りにしてかっこむ。

今思い返すとここで食べておいて本当によかった。妻を支える夫にも体力はいる。

食べられる時間的余裕があるなら食べておいた方がベターだと思う。

 

よし、準備OK。

 

ーーーいざ行かん、戦場へ。

 

 

いきなりクライマックス? 分娩処置室へと向かう。

 

7時過ぎ。クリニックに到着。

まだ診療時間外だから、夜間じゃないけど夜間通用口から入る。

思えばこのコロナ禍でクリニックに入るのもまだ2度目。コロナ野郎マジで処ッ!

 

お待ちしてましたよ。
奥様がお待ちの部屋はこちらです~。

 

あー、はいはい。知ってますよ。出産直前までの待機部屋があるんですよね?

出産直前に移動するのが大変なんでしょ? 進研ゼミ(出産レポ)で習ったから知ってる・・・。

 

 

んんん・・?

 

 

さぅ
ぶ、分娩処置室?

 

隣からは「オギャア、ンギャァ」と赤ちゃんの泣き声が聞こえる。

え・・・? まさかもう生まれる?

 

立ち合いスタート。

仮にも分娩処置室だし手術着を装備するのかな~と思ったけどエプロンすらなしだった。

普段着のまま部屋に通される。

ゆるっ! こんな装備で大丈夫か?

 

扉を開くと、妻が分娩台に座っているのが見えた。

 

 

 

・・・座禅???

どうやらいろいろ試した結果、この体勢が一番ラクだったらしい。

真剣そのものの妻には悪いけど、ちょっと面白い。

 

陣痛はまだ会話できるレベルの痛さ。

妻も待機部屋に寄ることもなくクリニックに着いたら分娩処置室に直行だったとのこと。

普段からこの待遇なのか分からないけど、キツい時に移動しなくて済んでよかったね。

 

さっき内診も終わったよ。
今、子宮口1.5㎝だってー。
さぅ
(えーっと。確か10cmで子宮口全開だったっけ。)
まだまだかかりそうだね。何かして欲しいことある?
とりあえず腰さすって!
うっ、また来た・・・。
すぅ~~〜~~。はぁ~〜〜~~っ。(深呼吸)
さぅ
こ、こうでいい???

 

背骨のつけ根あたりに手をあてて上下にさする。

「さする」って書くと、飼い犬の頭を撫でるみたいな雰囲気出るけど、実際はめちゃくちゃ力がいる。

すぐに汗がにじんできて速攻シャツは脱ぎ捨てた。

でも少しは痛みが和らぐらしい。よかった!

 

そして、あいた手で妻の手を握ってやる。

握力計の気持ちを瞬時に理解した。

 

分娩処置室の様子。

それにしても分娩処置室ってドラマでよく見る手術室みたいなのイメージしてたけど全然違うな。

手術灯とモニター以外はよくある病室だ。

壁にある小さいテレビからはZIP!が流れていた。今日も水トちゃんは可愛い。

 

 

妻のお腹には息子と子宮の様子を監視するモニターが付けられていた。

と、突然モニターから警告音が鳴り出してビビる。

 

 

な、何かヤバいのか? と思い秒でナースコールを押す。

すぐに助産師さんが駆けつけてくれた。でもなぜか助産師さんは余裕の表情をしている。

 

部屋にいなくても私たちは常にモニターしてますから大丈夫ですよ~。

 

あ。そういうものなのね。そりゃそうか。

スタッフも序盤は不在がちで夫婦2人だけの時間が割とあった。

 

さぅ
やっぱり今日、生まれるのかな?
こんなに痛いのにまだだったら困るよ。
今だってお腹が痛すぎて何も食べられないし・・・。
これで生まれるの明日だったら耐えられない。

 

で、ですよねーーーーーーー。

 

しかしこの時の痛みはまだまだ地獄の始まりに過ぎないのであった。

 

本格的な陣痛との戦いはここから始まる。

 

さぅ
長いのでここで一旦切ります。

 

それではまたっ! See You Again!

次回を読む

前編の続きです。[sitecard subtitle=地獄の始まり編。 url=https://www.pierohowtolaugh.com/firstbirth01/ target=] 前編の出産レポのあら[…]

更新情報・好きなことを好きにつぶやいてます。