妻の勇姿に惚れ直した!夫目線の立ち合い出産レポ。壮絶な初産編。

前編の続きです。

地獄の始まり編。

どもども! さぅです。5月24日に息子が生まれました。コロナで最後までどうなるか冷や冷やだったけど、運よく立ち合い出産もできました。つまりそういうことです。 [kjk_balloon id=[…]

 

前編の出産レポのあらすじ。

予定日から10日遅れでいよいよ陣痛が始まった。

分娩処置室で出産前最後の雑談をする僕たち。

徐々に痛みの波が長くなり間隔も短くなってきた。本格的な痛みが妻を襲う。

 

院長先生の内診。子宮口3cm。

 

朝9時前。スタスタと院長先生が現れた。

 

じゃ、内診しますんで。
旦那さんは外で待っててね~。

 

分娩処置室を出ると人の気配がした。

あぁ。もう朝の診察が始まる時間か。そんなことをぼんやりと思う。

ふぅーーー。少し座って休憩しよ・・・。

ところが3分もしないうちに内診は終わった。早ッ!

 

子宮口は3cm開いてました。生まれますよ。
これから明日使う予定だった陣痛促進剤を使いますね。
さぅ
分かりました。お願いします。

 

なんだ使うのか・・・。痛くなるって聞くしできれば打ちたくなかったなぁ。しゃーないけど。

部屋に戻ると妻が遠い目でつぶやいた。

 

まださんせんち・・・。

 

刺さらない注射。

陣痛開始から9時間半が経過。

僕なんて着いてまだ2時間なのに、体感だと半日はいる気がする。時空、歪んでない?

 

それでは陣痛促進剤の前に点滴しますね~。
ちょっとチクっとしますよ~。

 

左腕はうまく針が入らず、右腕に注射。

注射を打つ間にも遠慮なく陣痛は押し寄せる。

 

あッつッッ・・! っつ~~!
つよ、強くッ
さぅ
アイ・サー!

 

妻の汗が止まらない。

机のポカリスエットにも手を伸ばせない。すかさず痛みの合間、合間にポカリスエットを手渡す。

うちわであおいだり、汗拭きシートで顔や背中を拭く任務にあたる。

 

気持ちいいかも。ありがと。

 

妻のつぶやきに救われた気持ちになる。

 

そんな時。ふと右腕に目をやると先ほど注射した辺りに強烈な違和感が。

 

め、めっさ腫れてるぅぅうぅうぅぅぅう!!!

 

これは緊急事態でしょ! とナースコールを押す。

助産師さんが飛んできてめちゃくちゃ謝られる。

 

うわ~。ごめんね~。めちゃくちゃ腫れてるね~。
やり直すね~。痛いよね~。痛いに決まってるよね。私だったら絶対痛いもん。ごめんね~。
や、陣痛と比べたら注射なんて・・・好きにしてください。

 

つ、妻がオトコマエすぎる。

とりあえずやり直してもらえるなら一安心だ。

 

ーーーと思ったら大間違いだった。

 

なんとこのあと計7回も注射に失敗するのだった。

血管が蛇行していて針が入らない。助産師さん3人の誰が打ってもうまくいかない。絶望。

みるみる妻の腕が可哀想な姿になっていく・・・。

今まではそんなことなかったのに何故今!

 

最後は主任さんに登場していただきなんとか成功。

嗚呼。神様、仏様、主任様・・・。

 

子宮口8㎝。痛みの深化。

そんなこんなで1時間近く経った。

陣痛がさらに深くなる。妻の息遣いなんてもはや徒競走したあとのそれ。

僕の手を握る力もどんどん強くなってきた。

ど、どこにそんな力を隠していた・・・!

 

す、すいません。さっきからい、痛みの、たびに漏れてる感覚・・・あって・・・はぁ。破水かもしれ・・・です。
どれどれ~見てみますね~。
・・・8cm開いてますね!
せっかく注射したけど促進剤なしでいけるかもしれない!
な、なしでいいならなしでいいです。

 

どうやら陣痛促進剤なしで進むようだぞ!

 

子宮口全開大。

助産師さんが集結し、お産ムードに一変。

助産師さんたちは手術着にドレスアップ完了。

でも僕の装備は市販のマスクのみ。ええんか。

 

奥さんそろそろ赤ちゃん出したくなってきますけど、今出すと股裂けちゃうんで。
旦那さんはテニスボールでお尻グリグリしてあげてください。
痛ぁい~痛ぁい〜痛い痛い痛いいいぃぃぃぃぃ。
うんうん。痛いよねぇ~。
でもいきんじゃダメだよ~。

 

妻と助産師さんの温度差ありすぎて風邪引くわ。

や、切羽詰まったような空気よりは「いつも通り感」の方が安心感あるけどね?

 

指示通り肛門付近にテニスボールを押し込む。

息子よ。しばし待て。男はガマンや。

 

破水は突然に。

分娩台がトランスフォームして足をおっぴろげる形になる。

あ、Twitterフレンドのもかぱんの出産レポで読んだやつや! と密かに感動する。

 

WANIPANI Blog

iPhoneのメモの中に出産後すぐに書いたレポートが残っていたので 軽く書いたことはありましたがしっかりしたレポートとし…

 

んー、子宮口全開ですね~
足はここ! 手はここ! レバーを掴んでっ!
さぁ、リキんでいこうか。
はっ、はいぃ!
うぅ・・・うぅうぅぅううぅぅうぅうぅううぅうう。
さぅ
わっ!?? なんだ!??

 

突如、腕に水がかかったような感覚が!

水風船が割れた感じ。破水か!??

破水って無色透明なんだ~。(どうでもいい。)

 

破水キタね。
よーし。これで赤ちゃんの通り道もヌルヌルになったよ~。
奥さん、ちゃんと進んでますからね〜! 頑張って。
んはっ・・・はい!

 

そろそろかー。そろそろなのかーー!?!??

 

最後の力を振り絞って!

とうとう痛いとすら言えなくなってきた。

聞いたことないような妻の声に胸がキュッとなる。

 

じゃ、赤ちゃんが苦しくないように酸素つけますからね~。
はい、いきんでいこう!
ダメ、だ。ま、来そ・・・ッ。
おへそ見て! 目に力入りすぎ! ほら目を開けて!
フーーッ。フーーーッ。
フーーーーーーーッツって吐いて。最後に「ンッ」ってして!
ンッ!??
ンッって何!??

 

たった数十秒がとんでもなく長い。

いつの間にか妻は下半身をすっぽんぽんにされ、タオルが1枚かけられているだけの姿に。

全然隠せてないけどいいのか!??

 

助産師さんに体勢をまっすぐにするよう言われるが、痛くてどうしてもできない。

妻がベットの上で暴れまわる。

 

ほら、股を! 開くっ!
開かないと赤ちゃんが出てこれないでしょっ!
○×▶?※#■◎▽>$Σ~!!!

 

言葉にならない悲鳴が何度も何度も上がる。

 

旦那さんも協力してもらえる?
はい、奥さんの右足を持ってて! ゼッタイ閉じないようにホールド! いい???
さぅ
は、はい!

 

看護師さんとの連携プレイで強制的に足を開く。

断末魔のような叫びが背中に突き刺さる。

すまんな、妻よ。息子のためだ。許せ。

押さえているうちに右手にベットリ血が付く。あぁ。こんなに出血してる。

 

お母さん、私の言葉を聞いて!
冷静になって! 冷静にならないでどうするの!(鬼畜)
できる! できるから!
ハイ! 吸ってぇーーー吐いてぇーーー!!!
・・・・ッ!!!
いいね今の! 今のよかった!
上手だよ~その調子! もう1回いってみよーー!
フーーーーーーッ。
フーーーーーーーーーッ!

 

妻31歳。褒められると伸びる系女子。

ゆっくり着実に「いきみ」をマスターしていく。

しかし状況はなかなか変わらない。

 

さーて、今どんな感じ? 陣痛促進剤入れてるんでしょ?
いえ、なしで来てます!
そ? それにしては早いね。

 

おじいちゃん先生、颯爽登場。

 

せ、先生ぃ! お願いしますッ! 助けてくださいッ!

 

 

ーーーてくてくてくてくてく。

 

おじいちゃん先生が僕たちの前を横切る。

 

よっこらせっと。(ソファーに座る。)
さぅ
へ?????

 

「おじいちゃんせんせいは
じっとこちらのようすをうかがっている。」

 

って。

 

ただソファで見てるだけかぁあぁおんどれぇぇえぇえぇえええーーーーッ!!!(殺意)

 

もしかして:会陰切開。

痛みの波に合わせて、妻が必死の形相でいきむ。

しかしいきんでもいきんでも息子は出てこない。

 

おじいちゃん先生と助産師さんが隅でしている会話が聞こえてくる。

 

んー、もう何回かいきんでダメだったら切っちゃおうか。
いや、出てきそうですよ~。
じゃあとりあえず準備だけ。

 

ヒェッ・・・。

も、もしや切るのか・・・? あ、アソコをじょきんと切るのか・・・?(ごくり。)

でも息子も出てきそうな気配がある。

切るのが先か。息子が出てくるのが先か・・・。

 

ほら! 頑張って! もう頭出てきてるよ!
・・・や、やっとッ!!!

 

目を向けると髪の毛が見えた!

す、すごい。本当にもうすぐ出てきそう!

つーか赤ちゃんの頭ってマジでデけぇのな!!!

こ、こんなの出すのか。鼻からスイカって喩えも大げさじゃねぇな。

助産師さんが息子の頭を掴んで引っ張り出そうとしている。

しかもぐぃぃぃぃぃぃぃぃぃーーって手で穴を広げてる。(見てるだけで)痛い痛い痛いっ!!!

今、令和ぞ? 文明の利器はないのか!

 

瞬間、心、重ねて。

さらに数ストロークいきみ続ける。

出やすくするために、導尿カテーテルを入れて尿が抜かれる。

尿で赤ちゃん出てこれないとかあるのね。

なぜ人類はもっと出産が楽になるように進化しなかったのか。

 

ここに来ておじいちゃん先生、動く。

助産師さんとバトンタッチをして、テキパキと指示を飛ばし始める。

・・・座っていたのは「ちからをためている」状態だったのか!

 

はい、もうすぐゴールだからね~。頑張っていきましょうね。
止めて! そのまま! もっと! もっといきんで!!
そう! 繰り返して! 今!!!
その調子! いいよー! はい真っ直ぐ!
さぅ
見えてきた! 生まれる! 生まれるよ!!!

 

おじいちゃん先生の脇に助産師さんふたり。

さらにもうひとりの助産師さんが子どものための機械を準備し始めた。来るぞ、来るぞこれ!

 

その場にいる全員から声援を受けて、妻が最後の力を振り絞る。

最後は痛みなしでいきんだ。

 

 

・・・う゛うう゛う゛う゛う゛あぁあ゛あ゛ぁあ゛ぁあ゛あぁあ゛!!!!

 

 

 

 

 

 

 

ホギャ、ホギャア。

 

12時8分。息子の姿が見えた。

 

気がつくと震えていた。

ねぇ、知ってた?

人って本気で感動すると体が震えるんだぜ・・・?

 

やった・・・。生まれた、本当に生まれたねっ!
ちゃんと産めたぁ。泣いてるよぅ・・・。
さぅ
ありがとう。本当にありがとう・・・!

 

陣痛開始から12時間15分。安産だった。

 

息子は血を拭いてもらったり、健康状態を見てもらったりと忙しい。

ずっと首にかけていたカメラで息子を激写。

 

 

ははっ、すでに可愛いや。(親バカ発症)

 

はじめての家族写真。

そして一息つく間もなく後産が始まった。

 

じゃあちょっと裂けちゃてるので縫いますからね~。
お願いしmいたたたたたたた。痛いです。痛いいいぃぃぃぃ。

 

そうだった。産んだら終わりじゃないんだった!

慌てて妻の隣に駆け寄る。

 

妻の苦悶の表情に「これ本当に麻酔してます?」と言いたくなる。

そりゃあ、うん。痛いよな・・・。

チ●コ縫われてるようなもんだもんな・・・。僕だったら絶対正気を保てない。

 

そうしている間に息子の身長と体重がはかられる。

 

  •  51㎝
  •  3452g

 

予定日から10日目なだけあって大きめかな?

 

そして、僕と妻の前に息子がやって来た。

あぁ。ちっこいなぁ。赤ちゃんってこんなに肌が赤いんだぁ。そして可愛い。(5分ぶり2回目)

 

あ、目あけてるぅ。かわいいー・・・。
お父さん似ですねぇ。名前、もう決まってるんですか?
・・・決まりでいいよね?
さぅ
そうだね。長男です。
長男君。カッコいいねぇ~。
じゃあ長男君と一緒に家族写真撮りますか!

 

はじめての家族写真を撮ってもらった。

長男をはじめて抱っこしたのは妻。

 

 

お。こっち見てくれてる? うれしい。

 

こうして僕たち家族に長男が加わった。

幸せっていったいなんなのか。昨日よりほんの少し理解した気がする。

 

まとめます。

 

と、いうわけで夫目線の立ち合い出産レポでした。

 

出産は十人十色。

里帰り。仕事の都合。今はコロナもあって立ち合いたくてもできない人もいると思う。そういう意味で立ち合い出産を選べて幸運でした。

中には立ち合うのに向かない人もいると思う。

でも少なくとも僕は立ち合えてよかったです。心からそう思った。

 

妻が女に見れなくなるとか言うし妻も気にしていたけど、むしろ僕は妻の勇姿に感動したし惚れ直したまである。

それくらい格好よかった。うちの妻、最高。

 

「出産は大変だ。」「命がけだ。」

分かってる気でいたけど、ちっとも分かっていなかったことに立ち合って気が付いた。

しかも夫は妻の手を握ったり腰をさするくらいしかできない。本当に無力。

 

でも。それでもあとで妻は「そばにいてくれてよかった。」と言ってくれました。

その瞬間、一番しんどい時に隣にいられてよかったと心底思った。

きっと共に出産を乗り越えたことは、この先ずっと僕たちを支えてくれる。そんな気がしてる。

 

最後に。

長男誕生を報告したら、現実世界でもSNSでもたくさん祝福してもらえました。

本当に僕たちは幸せ者だと思いました。ありがとうございます。

 

さぅ
これからは3人家族になった僕たちをよろしくお願いします。

 

 

それではまたっ! See You Again!

 

妊娠中の家づくりについてもまとめてます。

合わせて読みたい。

どもども! さぅです。クラシスホームとの契約と同時期に妻の妊娠が発覚しました。 分かった瞬間は、それはもうプロポーズでOKもらった時レベルでうれしかった。あれはね。間違いなく最高にハイ! ってやつ。[…]

+12
更新情報・好きなことを好きにつぶやいてます。