#62.外壁タイルとクロスが貼られてて大興奮でした!

どもども! さぅです。

この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。

 

1から読みたい人はこちら。

1から読む

どもども! はじめまして!さぅ(@Sau_IamPiero)です。僕たち夫婦は今、家づくりをしています!これが本当にただただ楽しい。このエキサイティングな体験を自分の備忘録として残すため。あわよくば誰かとこの興奮をシェアする[…]

 

前回を読みたい人はこちら。

前回を読む。

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。 1から読みたい人はこちら。[sitecard subtitle=1から読む url=http[…]

 

前回までのあらすじ。

引越し準備・ネット回線の手続き・未だに決まっていない照明と家具選びと休日はひっちゃかめっちゃかになってます。

しかしTO DOリストがどれだけ増えても現場通いはやめられない止まらないのだった。

 

外壁タイルを見に行きたい!

我が家の盆と正月が同時に来たので取り急ぎ記事にします。

 

木工事完了立会いの帰り際にクラシス監督から。

 

来週から外壁のタイルも貼っていきますよ~。

 

と甘い言葉で誘惑されてしまい、今週も片道40分かかる現場に行く羽目になりました。

だって、そんなこと言われたら行くしかないじゃん・・・ねぇ?(チョロい)

 

タイルは「外壁は漆黒のタイルを纏わせるぜ!」とキャッキャするくらい楽しみにしていた僕的ハイライト。

しかも雨で遅れていなければもうとっくに貼られていたはずで、なんかもう半分焦らされているような気分だったので尚更早く見てみたかったのだ!

 

合わせて読みたい

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。 1から読みたい人はこちら。[sitecard subtitle=1から読む url=http[…]

 

木工事完了立会い後は棟梁もいないので平日でも誰かが作業しているとは限らない。

念のため事前に「明日誰か作業してますか?」とメールしたところ。

 

▶クラシス監督
お世話になります。
クロス屋さんは今日で終わりの為、内部工事はありません。
時間によっては誰もいないかもしれないです。

 

・・・え?

ちょっと待って。ちょっと待って。

 

さぅ
クロスも全部貼り終わってるってこと?(歓喜)

 

み、見たい! 這ってでも見に行きたい!!!

 

というワケで、見に行きたい気持ちが100になっちゃったので、クラシスホームに寄って鍵を借りて見に行くことにしました。

この非常事態。片道40分にさらに+片道15分のおまけが付いたけどやむをえん。

まぁちょっと面倒だけど誰も作業してないなら「仕事の邪魔かな・・・。」とか気にせずのびのび見られていいしね。

ワクワクさんと一緒に現場へ向かいました。

 

【朗報】アイコットリョーワ「マールン」最強に格好いい。

 

現場に到着。どうやらまだしっかりシートで囲われている模様。

もう! 最後まで焦らし上手なんだから・・・!

 

さぅ
な、なんかシート越しでも黒い気がする・・・!
早く! 早く見よっ!!!

 

 

 

どーーーーーーーーーん!

 

 

ドドーーーーーーーーーーーーーン!

 

さぅ
優勝。優勝です。
また私のセンスが正しかったと証明されてしまった・・・。

 

いやー、木との相性抜群でした。もう感無量。

このマールンは決めた当時まだ発売したばかりの商品で施工事例も少なく、見たければ緑店のモデルハウスで白verが見られるよ~。という状態でした。

 

 

それでも写真から伝わるそのカッコよさにしびれて即決したんですが大正解でした。

マールン格好いいよマールン。

無事、妻の目指す漆黒を纏う家になり申した。

 

 

ぐるっと見渡したんですが、とても綺麗に貼っていただいてました。

 

 

う~~~ん、よい。

職人さん、手作業でこんなにたくさんありがとうございます!

 

延床面積36坪の家にこれだけ貼っても100万円以下の追加オプションなのでとっても満足度高いです。

人気商品故、クラシスホーム施主でタイル貼りする人と高確率でカブってしまうのだけが難点ですが、とってもお勧めですよ!

 

我が家のクロスを目についたものから紹介していくよ。

外壁を舐め回すように色んな角度から見た後「そろそろクロス見ようよ。」という妻の進言に従って、家の内部に入ります。

何気に初めて玄関ドアの鍵を開けました。記念すべき瞬間ですね。

 

 

お白い!!!

無事、クロスが貼られてました! 外壁の漆黒さ加減から一転、真っ白です。

一応、グレーがかった白にしたはずなんですけど施工面積が広いと白は白ですね~。

 

そしてドキドキしながらリビングへ・・・。

 

 

すっげEEEEEEEE! 家だーーー!!!

いやーー、家にクロスを貼るの思いついた人天才ですね。見栄えが違う。

柱に巻いたアイアンっぽいクロスもいい感じです!

 

そして特筆すべきは、キッチンのアクセントクロスと折り下げ天井。

パントリーからキッチンに向けた光景にうっとり。

 

 

この折り下げ天井に貼ったクロスもクロスと思えないくらい木っぽくて最高でした。

モルタルっぽいアクセントクロスもキマってます。

・・・っぽいのばっかで全然本物使ってねぇ。(白目)

 

 

木のクロス貼りたいなら天井10㎝下げた方が格好いいですよ~

 

とクラシス監督に言われるがまま折り下げ天井にしたんですが、なるほどおっしゃる通りでした。

 

 

存在感あるぅ。

 

あと細かいことですけど、アクセントクロスを貼った箇所は巾木の色を変えました。

これも地味にすごくマッチしててよかったです。

 

 

もう全貌が見たすぎて床の養生をすべて剥ぎ取りたい衝動に駆られましたね。

これで建具・エコカラット・床タイルまで貼られていたら相当ヤバかった。(ヤバくなるな。)

 

木工事完了立会いの時に、絶賛作業中だった小上がり畳も出来上がってました。

3.5畳・・・ゴロゴロするには十分すぎるくらい広い!

 

 

まぁおそらくここは長男の遊び場と化すでしょう。

高さ26㎝という収納ありにしては低い畳コーナーですが腰かける分には快適そうでした。

収納力? 収納力は知らん。

 

あと今のところリビングの採光がそこそこうまくいった気がします。

 

 

光が欲しいリビング・ダイニングには大窓でしっかり明るく、昼寝したい畳コーナーの方は暗めにできました。(昼寝も暗めが好き。)

左側暗すぎるかな~? と思ってたけど心配なさそう!

 

アクセントクロスの後悔ポイントが早くも発生。

その他にもグリーンでまとめた「いかにも注文住宅!」って感じの寝室もいい感じでした。

 

 

はぁ~、好き。

 

唯一、早くも若干後悔したのはWICと書斎のアクセントクロス。

 

 

色はね、いいのよ。めっちゃ気に入ってる。

たださ・・・。

 

 

勾配天井の天井がこんなに主張激しいと思わなんだ。

伝わるかな~? せっかくアクセントクロスがいいのに天井の白いクロスがめっちゃ視界に入るんよ。

 

うーーーーーん。
これなら天井もアクセントクロスにすべきだった・・・。

 

と妻も思わぬ誤算だった模様。家づくりって難しいよねホント。

 

我が家のクロス一挙紹介・・・ならず。

本当にクロス工事も完了してました!

クロスもタイルもものの数日で貼っちゃうとは恐れ入りました。

プロの仕事には毎度ビビらされてばっかりです。

 

なので今回は「我が家のアクセントクロス一挙紹介!」みたいな記事にしようと思ってたんですが。

 

さぅ
窓がない場所のアクセスクロス、全然暗くて色味分からんね。
違うクロスが貼られてるねってことしか分からん。

 

どうやら全部のクロスを紹介するのは、照明が点くまでムリそうです。マドスクナイカラシカタナイネ。

 

いやーーそれにしても今回の現場見学は、2人して大盛り上がりで大変楽しめました。

これから家を建てる人は騙されたと思って行ってみな、飛ぶぞ。

 

それではまたっ! See You Again!

更新情報・好きなことを好きにつぶやいてます。