クラシスホームで建てる家づくりの軌跡と雑記。

#33.【提携外構業者打ち合わせ】表札・ポスト選びと減額脳。

どもども! さぅです。

この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。

 

1から読みたい人はこちら。

1から読む

どもども! はじめまして!さぅ(@Sau_IamPiero)です。僕たち夫婦は今、家づくりをしています!!これがもうただただ楽しいのでブログに書くことにしました!! この家を[…]

 

前回を読みたい人はこちら。

前回を読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。 1から読みたい人はこちら。[sitecard subtitle=1から読む url=http:/[…]

 

 

前回までのあらすじ。

前回、自分たちにとっての最適解の外構を考えた僕たち。

いよいよクラシスホーム提携先の外構業者に提案プランを作ってもらう。

 

J KANKYO社との外構打ち合わせ。

 

今回は提携先の外構業者との初めての打ち合わせ。

提携先なだけあって、打ち合わせ場所はクラシスホームだ。

妻が妊婦だから余計そう思うのかもしれないけど、遠出しなくていいのはとても助かる。

 

提携先ならではのメリットなのが、打ち合わせにクラシスホームサイドの人間も同席してくれること。

要望がハウスメーカー側に問題ないか直で確認しながら話が出来るのはスムーズだし安心だ。

 

J KANKYOと申します。
よろしくお願いします!

 

クラシスホームの提携先だし愛知の業者が来るものだと思っていたんだけど名刺を見てびっくり。三重の業者だった。

だからなんだって話だけどね。特に話も広がりません。ただびっくりしただけです。すいません。

 

まずJ KANKYO社に伝えた要望は前回のこれ。

 

 

うむ。減額することしか考えてなくていっそ清々しいなぁ。

きっと前回の打ち合わせの時の、僕の脳内イメージはこんな感じ。

 

ハイパー減額脳タイム。

 

もうね。「外構は思った以上に金がかかるぞ。気をつけろ!」的なネットの意見に全力でビビってた。かわいそうに。

 

「とにかく外構は最低限シンプルで!」という僕たちの意思を汲み取ってくれたのか、派手な提案はなく細々したものの話がメインだった。

 

外部水栓選び。

まずはお勧め設備の紹介をしてもらった。

「お、これいいかも。」と思ったのが外部水栓。

 

外に水栓あると便利ですよ。
水やり・プール・BBQ・洗車・・・色々なシーンで役立ちます!
あ~。付けたいですね。

 

確かにあると便利かもなぁ。洗車は多分しないけど。

向こうも商売人だから、隙を見せた瞬間お洒落にしたい欲をこれでもかとくすぐってきた。

 

それならこういうのどーです?
見積もりの水栓より2万円高いですが黒でカッコいいですよ!

 

 

 

え、黒!?
それにします!(二つ返事)

 

ちくしょう! やられたッ!

妻のツボを的確に射抜くのはやめてくれ~。

黒耐性ゼロだからノーガードでやらるわ。

 

植栽選び。

そのまま庭シリーズで植栽のことを聞かれた。

 

植栽はどうしましょう?
庭もありますし、あると家が立派に見えますよ~。
あ、緑は全然いらないです。
鉢植えでお腹いっぱいです。

 

緑、妻も大好きなんだけどね。

結婚式も森の中で挙げたし、前撮りも軽井沢の森まで撮りに行った。

 

軽井沢の森の中で。

 

でも日常となると話は別らしいっす。

地植え絶対NGらしいっす。

虫を呼び寄せたくない+手入れしたくない気持ちの圧倒的勝利。

 

ただ緑はやっぱり好きなので、ピンポイントで数ヶ所だけ鉢植えで小さく彩るつもり。

時が来たらホームセンターか花屋で買うつもり。

当面は、観葉植物を愛でるぞー。

 

 

観葉植物もまぁまぁ癒される。

 

表札選び。

そのあとは、表札・ポストなどの話。

 

門扉はつけないんですね?
さぅ
そうですね。駐車場に3台停めるとしたら邪魔になりそうなんで。
分かりました!
では表札・ポストはどの位置につけますか?
外壁に付けたいです。
雨の中取りに行きたくないし遠いのも面倒なんで。
さぅ
そういえば、表札・ポストとかって施主支給できますか?
事前に取り付け可能か見させてもらえればOKですよ!
保証はできませんが。

 

割と融通がきくらしい。

施主支給にするかもだけど、見積もり上は理想に近い商品を入れてもらうことにした。

 

まずは表札選びから。

表札は家の名刺のようなもの。

センスが問われるし取り付ける場所の背景色も考えてチョイスする必要がある。ここは大事だ。

つまり妻任せであります!

 

さぅ
で、どんなのがいいの?
えっとねー。私使い込んでいくうちに味が出て馴染んでくる素材が大好きなんだよねー。
皮が好きなのと同じ理由!
表札もずっとつるつるしてる素材はイヤ!
できれば真鍮がベスト。経年変化が愛しいの。
FUTAGAMIさんのゴールドの無垢の真鍮とか理想だな~。
それでねー。カタチは正方形か横長がよくて~、文字は日本語よりも英語の方が~(以下略

 

要はこんな感じの表札が理想だそうです。

 

公式サイトより引用。

 

あー、写真って超楽だわ~。

いっぱい聞かなくても写真一枚で伝わるもんな。写真の情報量に乾杯っ!

そしてこの表札いいじゃん!!!

黒の外壁に映えそうで大変よろしい。

 

表札に悩んでいる子羊諸君は、美濃クラフトさんの表札シミュレーションで色々なパターンを作ってみるのお勧めです。

↑のような画像が無料で5分で作れるよ。

 

宅配ボックスを付けるか否か。

Amazon・楽天のヘビーユーザーの我々。

宅配ボックスは検討したいアイテムだ。

 

宅配ボックスの売れ筋は20万円前後ですね。
さぅ
た・・・高ッ!!!

 

高いんだね~。宅配ボックスって。

うーーーーーーーーーーーん。

なんとなく付けたいって思ってたけど、20万円に見合う価値があるだろうか?

 

これから妻は産休・育休だし、復帰後も休みが合わない夫婦だから週4で誰かが家にいる。

これだけ在宅率高いなら必要ないのでは?

必要に感じた時考ればいいかも・・・。

 

 

 

でも今調べたら10万円以下で良さげな宅配ボックス見つけて超揺れてます。(意思弱ッ!)

だってお洒落なんだもの。

英国紳士気分で荷物取り出せそうなんだもの。

 

郵便ポスト選び。

宅配ボックスにしないとしたら郵便ポストは必須。

目指したいのは郵便局員が欲しくなるポスト

営業マン時代にポストインしていた時、入れにくいポストは地味にストレスだった。

どーせなら誰もに愛されるポストを選びたい。

 

ポストに求めるポイントはこんな感じ。

 

 我が家のポスト選びのポイント
  •  A4サイズの郵便物が折り曲げずに入る
  •  錆びにくい or 錆びても味がある
  •  劣化しても郵便物が外に落ちない
  •  フタの向きは上向きがベスト
  •  片手で投函できる
  •  雨が降っても中身がノーダメージ

 

雨で中身が濡れるなんてもってのほか!

雨も守れないポストに、何が守れるというのか!(童貞かな?)

 

ひとまず、J KANKYO社には無難に錆びにくい三協アルミのポストを見積もりに入れてもらった。

 

 

こういうシンプルなのも悪くないんだけど、個人的にフタは上向きがいいんだよな~。


後日、話し合った中での第一候補は、フランスの老舗郵便ポストメーカーのドゥカユのポスト!

デザインに一目惚れした。

ん~僕ってヨーロッパのデザインが好きなのかも。

 

さぅ
黒の外壁にこの赤いポスト付けたらカッコよさそうじゃない?
どれどれ?
うーーーーーん。このポストならマットグリーンだな。
さぅ
マットグリーンもいいけど、黒×赤が最強じゃね?
ポストと言えば赤だしさぁ。
マットグリーン。(有無を言わせない感じで。)

 

うん! マットグリーンのポストがとってもカッコよくていいと思う!(震え声。)

 

エントランスフック「ViK」。

あとこんなのも付けたい!

森田アルミ工業のエントランスフック「ViK」

 

 

濡れた傘どうしてるー? 置き場所ムズくない?
ぽたぽた水も垂れるし壁掛けだと壁紙が心配。

傘立てもぶっちゃけ邪魔だし、強風の日は家の中にいれないといけない。

そこでこいつの出番!

 

公式サイトより引用。

 

このアイテム超絶便利そうっっ!

耐荷重10kgだから、カバンもかけられる。

素材もゴムのような柔らかい素材(エラストマーって言うらしい)だから、ぶつかってもケガしにくい。

そして安い! DVD1枚くらいのお値段!

これは玄関横に取り付けてもらう予定。

 

外構プランはメールにて。

と、ワイワイ話して打ち合わせ終了。
やっぱリプロはすごかった。こんなのがやりたいと伝えるとすぐに商品をポンポン提案してくれた。
これは外構プランも期待しちゃうぜ。

 

楽しみにしててください!
完成次第メールでプランを送りますので!
楽しみにしてまーす!

 

 

 

・・・今投稿前に記事読み返したんだけど、欲しいものリストをただ垂れ流した感じになってるぅ。
や、ヤバい! 煩悩が漏れている!
次こそ外構っぽい話します。

 

それではまたっ! See You Again!

次回を読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。 1から読みたい人はこちら。[sitecard subtitle=1から読む url=[…]

更新情報・好きなことを好きにつぶやいてます。