クラシスホームで建てる家づくりの軌跡と雑記。

#24.住宅ローンという名の十字架。

どもども! さぅです。

この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。

 

1から読みたい人はこちら。

1から読む

どもども! はじめまして!さぅ(@Sau_IamPiero)です。僕たち夫婦は今、家づくりをしています!!これがもうただただ楽しいのでブログに書くことにしました!! この家を[…]

 

前回を読みたい人はこちら。

前回を読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。 1から読みたい人はこちら。[sitecard subtitle=1から読む url=http[…]

 

前回までのあらすじ。

間取り沼からようやく抜け出した僕たち。

しかし間取りづくりの舞台裏で、様々なことが進行していたのであった。

 

住宅ローン。

間取りづくりと同時進行してたものがもう一つ。

家づくりと引き換えに背負うヘビー級の十字架。住宅ローンである。

#16.の時点でクラシス営業紹介の銀行に事前審査を出し、承認はもらってはいた。

駄菓子菓子。だがしかしだよ!

4000万円もの大金が絡む話だ。思考停止で決めてしまうはいかがなものか。

そう思い、妻に相談をしてみた。

 

さぅ
ねぇ、住たーーー。
オカネノハナシキライ。
スベテマカセタ。

 

・・・光の速さで投げ出された。

駄目だこいつ・・・僕がなんとかしないと・・・!

もともと我が家の大蔵省(古い)は僕だしな。夫婦の役割分担的にここは僕の出番だ頑張ろう。

 

事前審査の複数出し。

もともと転勤してから日は浅いものの本業が自動車ローンの審査である僕。

住宅ローンではないとはいえ、ローン自体の事情はそこそこ詳しい。

 

まず足掛かりに、比較するため承認をもらった銀行以外にも2つ事前審査を出すことにした。

 

特に比較したかったのが、条件の差。

特に借りる金利のことだね。

 

 金利と利息って?
  •  金利:お金を借りたことに対するレンタル料のようなもの。
  •  利息:お金を貸した側が貸したお金に追加して受け取る金額のこと。
    100万円貸して、101万円返してもらった時の追加で受け取った1万円が利息。

 

金利は、借りるところによって全っ然違う!

そう言えば営業マンだった頃。

値引き額は気にする割に金利を気にしない人めちゃくちゃ多くてびっくりぽんだったなぁ。

やむをえずローンを組む時は、総支払額に目を向けようね。約束。

 

自動車ローンと同じで住宅ローンも、銀行によって諸条件がまったく違う。

 

 最低限チェックしたいポイント
  •  金利
  •  事務手数料
  •  保証料
  •  繰り上げ返済の条件
  •  借り換えの条件
  •  団信(団体信用生命保険)の内容

 

厄介なのは事前審査を出さないと、どんな条件で借りられるのか分からないこと!

借りる人によって年齢も年収もクレジット情報もそれぞれだから当たり前だけどね。

 

そんなわけで「不動産営業紹介の銀行」と「口座を持っていた銀行」に事前審査を出してみた。

 

 注意してほしいこと。

信用情報はクレジット会社で共有されます。
短期間でむやみやたらに審査すると「ん? こいつもしや他で審査通ってないのか?」などあらぬ疑いをかけられてローンが通りにくくなる危険性があります。
これは住宅ローンに関わらずローンを組む時全般そうです。審査は計画的にっ!

 

事前審査の結果。

およそ10日後。

それぞれの銀行の回答が出揃った。

果たして、結果は如何に・・・!

 

見比べた結果「不動産営業紹介の銀行」が最も好条件だった。

言われるがまま決めなくてよかったーーっ!

 

クラシス営業紹介の銀行との金利差は0.2%

なんだたった0.2%かと侮ることなかれ。

利息は100万円近く違った

ひぇぇぇぇぇぇーーーーっ! 金利マジックちょー怖い。

変動も固定も似たような差だった。

もし他に事前審査を出さなかったら100万円も損する条件で契約していたかもしれない。

出してよかった、事前審査っ!

 

というわけで、どこの銀行に住宅ローンをお願いするのかはおおむね決まった。

紹介してくれた不動産営業に電話する。

 

さぅ
銀行の紹介と事前審査ありがとうございましたっ!
一番条件が良さそうなので、詳しい話を聞きたいんですが。
ありがとうございますっ!
そうでしたかっ! では銀行に連絡しておきますっ!
さぅ
よろしくですーー!

 

住宅ローンの説明を受ける。

 

購入予定の土地の最寄り店舗の銀行営業が、わざわざ自宅まで説明に来てくれた。

平日のため、妻は仕事で欠席である。

 

はじめまして。
長丁場になりますが今日はよろしくお願いしますっ!

 

うーーーむ。素晴らしい。

一目で感じる絵に描いたような銀行の人感!

半●直樹みたいに常務を土下座させたり絶対しなさそうなところがいいね。(それが普通)

 

そして、2時間みっちり住宅ローンの勉強会@自宅が開催された。

 

我が家が選択した住宅ローン。

どんな住宅ローンを選ぶのかは人それぞれだと思うし、借りる人の属性・状況で有利な商品も違う。

つまり「コレ!」という正解はないけど、我が家の(というか僕が)選択した住宅ローンについても軽く触れておこうと思うよ。

住宅ローンについて書いていくとキリがないので、よく話題にあがるやつだけ。

 

住宅ローンについてきちんと知りたい人は、とよくまさんのように分かりやすく解説しているブログを読むのがオススメです!

家の学び舎【イエマナ】

家の学び舎(イエマナ)は、人生100年時代の家づくりがテーマのWEBメディアです。ライフプラン&マネープランを重視した家…

 

「固定金利」or「変動金利」

住宅ローンを組もうろした時にぶち当たる「固定金利」or「変動金利」問題。

 

固定金利変動金利
  •  決められた期間金利が一定
  •  金利が高め
  •  将来、金利が上がる方に賭ける人
  •  計画的に返済をしたい人
  •  金利が変動する可能性がある
  •  金利が低め
  •  将来、金利が上がらない方に賭ける人
  •  返済期間が短く資金力がある人

 

今は変動金利を選択する人の方が多いですね。
さぅ
金利が低いのは分かりやすく魅力的に見えますもんね。
よくある「今ならこの金額で一戸建てに住める!」みたいなチラシの金利がほぼほぼ変動金利なのもありますね。
さぅ
あー。その金額前提で見に行っちゃったら、あえて高くなるローンの組み方に変更する気失せそうですもんね。
ただ「見た目の安さ」で契約しないでくださいね。
変動金利は半年ごとに金利が見直されます。
「過去」は確かにこの表のように長い間低金利でした。

 

 

ですが、過去はあくまで過去
コロナがあったように35年の間に日本がどうなるかなんて誰にも分かりません。
金利が上昇する可能性も十分にあり得るので。
さぅ
なるほどですねー。
みんな迷うわけだ。

 

2020年にオリンピックが延期になるなんて誰も予想しなかったしね。

単に「変動金利じゃないと支払いがキツいから~」という理由で変動金利を選択すると地獄を見るかもね・・・。

変動金利を選択する際は、状況が変わった時の心構えとどうするかの対策を講じておくべきだな。

 

さぅ
(余剰資金を残しておいて最悪、固定金利に借り換えすればいっか・・・。
コロナもあるしすぐ景気が良くなるとは到底思えん。)

 

そんな思惑もあり、僕は変動金利を選択。

 

「ボーナス払い」

僕がもう一つ、こだわったのがボーナス払いをしないこと

と言うのも、仕事柄よく見かけるローンが払えなくなってしまう人のローンの組み方であるあるなのがこの3つだから。

 

  1.  ボーナス・残業代を当てにしている
  2.  頭金で貯蓄全額を入れてすっからかん
  3.  借りられる金額ギリギリで借りている

 

コロナ禍で残業代やボーナスがなくなってローンに苦しんでいる人が本当にたくさんいる。

そうなることだけは避けたいっ!

勤めている会社が35年先までノーミスできちんとボーナスが出し続けてくれるかも怪しい。

考えたくはないけど、ケガや病気でどちらかが長期間働けなくなるリスクもある。

 

できることならボーナスはいざという時のために貯めておいた方が無難ですよ。
さぅ
そうしますっ! 手元資金がなくなって家計が火の車になったら元も子もないですしね。
お金が貯まったら繰り上げ返済するなり投資に回すなりします。
変動金利を選ばれるんでしたら、他のリスクは抑えた方が安全ですしね!

 

ボーナス払い併用でローンの期間を短く圧縮して利息減らすっていう手も魅力的なんだけどね。

ま、ボーナスなしでも生活の質を落とさず毎月払える金額だしいいでしょう。

そんなわけで、ボーナス払いなしを選択。

 

勉強会終了。

 

じゃあ来週、本申込で店舗の方にお越しください。
そのあといよいよ金消契約となります。
さぅ
分かりました。よろしくお願いしますっ!

 

後日。店舗に赴き、改めて説明を受け本申し込みをした。

さぁ、いよいよ借金生活が見えてきたぞ・・・!

 

それではまたっ! See You Again!

次回を読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。 1から読みたい人はこちら。[sitecard subtitle=1から読む url=http:/[…]

更新情報・好きなことを好きにつぶやいてます。