クラシスホームで建てる家づくりの軌跡を綴っています。

♯14.不動産屋に相談だ。

どもども! さぅです。

この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。

前回を読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。[sitecard subtitle=前回を読む url=http://www.pierohowtolaugh.com/%e[…]

 

前回までのあらすじ。

土地が見つからなさすぎて草も生えない。

休日は希望エリアを車で徘徊。チラシの土地情報はくまなくチェック。何回も不動産屋に問い合わせした。

そんな中ようやくat homeで理想的な土地を発見!

まだフリーな物件なのを確認し2日後に不動産屋にアポを取り付けたのであった。

 

土地探しは常に不安とセット。

やった・・・。よさげな土地が見つかったぞ・・・!

と喜んだのも束の間。

不動産営業がポロッとこばした言葉が頭の中をよぎる。

 

早くしないと売れちゃいますよ。

 

あーーー! もう!! なんで営業マンってやつは不安を煽るようなこと言うかなぁぁぁーーーーー!!!(そりゃ言うだろ。)

激戦区なのは分かるよ。鬼分かる。

でもさ、見つけた日くらい「見つかってよかった!」で終わりでよくない?

そんなの言われたら何かアクション起こさなきゃって気になるじゃんよーーー。

 

 

さぅ
・・・じゃ、向かいまーす。
明日でいいのに・・・。

 

結果、アポの前夜にわざわざ土地を見に行った。

どうしようもないチキン野郎です。

しかもこの行動にまったく意味はない。ただアクションを起こしたかっただけである。

 

現地確認。

というわけでやってまいりました、候補地へ!

もちろん分譲地は住所がまだないので迷子にならないようにGoogle Mapのストリートビューで探しといた。Google Mapってほんと便利。

 

ようやく生の土地とご対面。

ひょっとするとここに一生の住まいを構えるかもしれないと思うとドキドキするぜ!

 

 

正直、一目惚れだった。

一目見た瞬間。あ、ここに住みたいな。と純粋に思えた。もう初恋である。

これまで20件近く土地を見に行ってもそこまで思わせてくれるポテンシャルを持った土地には出会えなかった。

曖昧な感覚だけどフィーリングってある。絶対ある。

まず、とにかく形がいい。間口も広くて車も3台までなら余裕で停めれそうだし大通りから一本中に入ってて駐車も絶対楽。

あとはぐるっと見渡しても不快に感じるものがない。家から見える景色も土地を決める重要な要素。これが文句なしなのはポイント高い。

分譲地だから新築の家が並ぶってのもいい。

2人で「いいね。」「いいね。」と言いながらその日は帰宅。

あとは先を越されないことを祈るのみ!!!

 

不動産屋に相談だ。

翌日、僕たちは定時ダッシュで不動産屋へ向かった。

定休日に開けてもらったので店内はシーーンとしてた。そんな中不動産営業とはじめましてのご挨拶をしてテーブルに座る。

昨夜土地を見に行ったことを伝えると不動産営業も驚いてた。だよね。分かる。

 

僕はこんなものを用意させていただきました。

 

そう言うと、今回検討中の土地の資料を見せてもらい、土地の説明を受ける。

だいたい教えてもらった内容はこんな感じ。

 

土地の確認ポイント
  •  ハザードマップ
      自然災害による被害を予測し被害範囲を地図化したもの
  •  用途地域
      建築できる建物の種類・用途の制限を定めたルール
      好き勝手にボコボコ建てて住みにくい街にならないようにしてる
  •  建ぺい率・容積率
      土地の面積に対して建てられる住居の面積の割合を表すもの
      同じ坪数でも建てられる家の大きさは変わるよってこと
  •  交通インフラ系
      駅からの距離・近くのバス停の情報(どこ行きなのかとか時刻表)
  •  周りの住環境
      スーパー・学校・病院へのアクセスなど暮らしのインフラ

 

話を聞けば聞くほど「もうここしかない!」って気がしてくる。

もちろん全ての希望が叶っている土地ではないけれど、不満点は妥協できる部分だ。

 

と言っても即決できるわけじゃない。

一度ハウスメーカーに間取りを描いてもらわないとさすがに決めれない!

素人目では分からない落とし穴があるかもしれないし。

土地購入前に間取り案は絶対書いてもらわないと・・・

購入後に「あれ? これやりたい間取りどうあがいてもムリじゃね? 詰んだ!!!」なんてことにはなりたくない。

 

 

僕もこの辺りに住んでますが本当に住みやすいエリアですよ。
さぅ
お、じゃあご近所さんになるかもですね。
ぶっちゃけた話。買う方に気持ち傾いてます!
ありがとうございます!!!
さぅ
あとはあの土地でどんな間取りができるのか確認できれば・・・。
そうですよね。ただ焦らせたいわけじゃないんですけど今回のお土地はあまり時間をかけないのが賢明です。
こういう人気激戦区の分譲地は瞬発力が大事ですよ。

 

またそういうこと言うーーー!

もうさーー!!!

気持ち傾いてるって言ってるんださら商談中とか言って仮押さえしてくんねーかなーー!!

ま、他の不動産屋でも販売してるから普通にムリなんだけどね。

そうかいそうかい。急ぎますよー。主にハウスメーカーが。

ともかく明日にでもハウスメーカーに連絡して間取りを書いてもらうか・・・。

 

事前審査必須。

それとローンの事前審査は通されていますか?
さぅ
・・・なんですかそれ?
住宅ローンを借りられるかどうかの目安を知るために行うものです。
今回の物件は事前審査が必須でして・・・。
さぅ
つまり事前審査に通ってないと立候補すらできないってことですか。
そうなります。
事前審査は通ってさえいれば他の土地でも使えるので絶対通しておいた方がいいですよ。
そうなんですね。
ということは待っている間に審査通ってる人が出てきたら・・・。
一巻の終わりです。
他にも現金一括で買われる方が出てきても同様ですね。
さぅ
マジか。
ちなみにどれくらいかかるものなんですか?
3~4営業日です。
でも今回は土日挟むので1週間はかかりますね。

 

めっちゃかかるやん。

ひぇぇぇ。万が一事前審査してる間に売れちゃったら死んでも死にきれないんですけど。

1週間でこの土地にする決心を固められるかってのもなかなかだけど・・・。

 

ちなみに事前審査はただ書類に記入するだけじゃない。

以下の物が最低限必要なのでお気をつけて。

 

事前審査に最低限必要なもの(サラリーマンの場合)
  •  認印(シャチハタはNG) 
  •  免許証
  •  健康保険証
  •  源泉徴収票
  •  物件資料(ハウスメーカーが用意)

 

それから事前審査のポイントも書いておくので、参考にしてほしい。

 

事前審査でのポイント
  •  事前審査が通ってもその銀行で借りなければいけないということはない
  •  むしろ事前審査しないと、どんな条件で借りられるか分からない
  •  まず1つ事前審査を通して、借りられる金額をチェック
  •  最終的にそれが良い条件か比較するため、3つ事前審査を出すのがお勧め
  •  直近の申し込み回数は調べられるため、出しすぎは通るローンも通らなくなるので危険

 

あぁ、To Doリストがどんどん増えていくぜ・・・。

 

それではまたっ! See You Again!

続きを読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。[sitecard subtitle=前回を読む url=http://www.pierohowtolaugh.com/[…]

更新情報とか日常で感じたことつぶやいてます。