クラシスホームで建てる家づくりの軌跡を綴っています。

♯4.マイホームの資金計画。

どもども! さぅです。

この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。

前回を読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。[sitecard subtitle=前回を読むurl=http://www.pierohowtolaugh.com/%e3[…]

 

前回までのあらすじ。

カタログを取り寄せて妄想に浸っていたら転勤&コロナで給料が急降下。心がポキっと折れかけた。

でも根性の節約でなんとか乗り切ったのでこれを機にマイホームの資金計画を話し合うことにした。

 

マイホームの資金計画≒人生設計。

住宅展示場で感じたんだけど(遅い。)家づくり前に資金計画はマスト

資金計画なしの家づくりは、はじめての土地をカーナビなしでドライブするようなもの!

見当違いの場所に辿り着くのが関の山だ!

ハウスメーカー側も喜んで資金計画書を作ってくれるし、FP(ファイナンシャルプランナー)を紹介してくれるので話を聞いてみよう。

ただその場合も、その前に夫婦ですり合わせをするのがベター。

 

用意する資金。

まず用意できる3つの資金の確認。

 

  1.  自己資金
  2.  住宅ローン
  3.  援助

 

自己資金は、数ヶ月働けなくても生きていけるくらい貯金を残すのがベター。

絶対にギリギリを攻めないこと。

住宅ローンは、借りられる金額より「無理なく」返済できる金額にすること。

「無理なく」ってよりは「余裕で」くらいのニュアンスの方が安全。

援助も、あらかじめ親とかに相談しておくといいことあるかも。

 

出ていくお金。

用意する資金が見えてきたので次は将来設計を練る。

 

  •  今現在の支出状況
  •  家を購入することで必要になる税金
  •  車の買い替え頻度
  •  旅行の頻度
  •  子供が生まれるとしての教育資金

 

僕たちの場合、諸々をゆるく考えて予算は4,000万円に決定っ!

 

4,000万円って決めたけど冷静に考えるとものすごい金額。

もうね。ヘーベル営業に建物部分3,000万円って言われてから完全に金銭感覚マヒしてる。

土地とか引越費用とか諸々合わせたらいくらになるんだ・・・。

 

資金計画書に潜んでいた見落とし。

考えるのもイヤでもらってから資金計画書一度も見返してなかったんだよね。

いい加減一度見返してみるかと思って資料をガサゴソしてたら近隣の土地情報が出てきた。

こんな資料まで忍ばせていたのか。全然知らなかった!

 

さぅ
このエリアってこんな値段で売ってるんだ。
お、ここなんていいじゃん!
いくら?
さぅ
ん? 余裕の2,000万円超え。
はいムリーーーっ!!!
さぅ
でもここはともかく他も高いよ。
これ4,000万円じゃ足りなくね?
ていうか5,000万円でも怪しい。
さぅ
うぇー。グロッキーな気分になってきた。
どこかに救いはないのか。

 

そんなことを言いながら改めて資金計画書を見てみてあることに気付いた。

 

別途諸費用
  •  税金
      登記手数料・印紙税 約20万円
  •  保険料
      火災保険料・地震保険料 約30万円
  •  土地関連
     造成費用・地盤改良 約100万円
     水道・ガス・電気引込工事 約50万円
     不動産仲介手数料 約50万円
     外構費用 約150万円
  •  住宅ローン関連
      融資手数料・保証料 約60万円
  •  その他
     地鎮祭費用 約3万円
     冷暖房工事費 約20万円

トータル:500万円。

 

さぅ
高っ!!!!!

 

この金額だけで海外旅行何度も行けるじゃねーか・・・。

 

土地+家以外の費用なんてあれでしょ?

家電・家具と引越費用と+100万円くらい(何の根拠もない数字)でしょ! って思ってたのに思わぬ伏兵だわ

高めに見積もってあるんだろうけど。(むしろそう信じたい。)

家・土地以外にこんなに費用がかかるなんて思わなかったなぁ・・・。

しかも驚くことなかれ。ここには家具や引越費用や照明費用は一切入っていない!!

 

さよなら、ヘーベルハウス。さよなら、ヘーベル営業。

もう少し裕福だったらヘーベルで建てたかった・・・。

 

大手ハウスメーカー以外の道。

予算内に収めるには大手ハウスメーカーはキツい!!

よっぼど駅から離れた土地に建てない限りは不可能だということが判明しました。

そもそも家づくりを依頼する先は大きく4つに分かれます。

 

  1.  大手ハウスメーカー
  2.  ローコストメーカー
  3.  工務店
  4.  設計事務所

 

まだ大手以外は未開拓!

きっと予算に合う会社があるはずだ!!!

まずは大手以外の道を探ってみよう。

 

はい、ここでお話があります。
さぅ
へ? 何なに?
次に行くところもう決まってます!!!
さぅ
いつの間に!!?

 

なんでも今はInstagramやPinterestでかなりの情報が得られるらしい。

カタログも読み終え、住みたい家のイメージが着々と膨らんでいたようですでに気になる会社をリスト化してた。

や、やるじゃねーか。

ま、どちらにせよこういうセンスが問われる局面で僕の発言力は0。

悲しいけどその方が上手くいくから仕方ない

大人しく妻のプレゼンを聞きました。

 

ふんふん、なかなかバリエーション豊かなラインナップじゃないか。

空間デザインの優れたメーカー。性能を謳うメーカー。地域に根ざしたメーカー。

ストロングポイントもそれぞれだし、いろいろな角度から攻められそう。

 

特に気になる3社にアポをとってみた。

 

候補の3社
  1.  家は性能の一条工務店
  2.  完全自由設計のクラシスホーム
  3.  お客様との対話を大切にするla CASA

 

一条工務店思いっきり大手だけどね!!

当時は工務店っていう名前の響きだけで勘違いしてた。あるよねー。

ともかく5話にしてようやく新しい道を探り始めます!

 

それではまたっ! See You Again!

更新情報とか日常で感じたことつぶやいてます。