クラシスホームで建てる家づくりの軌跡を綴っています。

【3泊4日】いくぜ北の大地、北海道。後編

前編を読む

行ってきました、北海道!!もうコロナに怯えて病的なくらい消毒してた。気がついたら新品のアルコール消毒液1本使い切っててビビった!新婚旅行でイタリアのはずがコロナでアレしたため北海道にしたん[…]

 

3日目。 

とみたメロンハウス。

 

さぅ
メロン食べたくね?

 

ってことで富良野メロンのテーマパークへ。

着くともう見渡す限りメロン! うっひょー!メロンパラダイスだぜ!

赤肉&青肉メロンの直売はもちろん。パンやスイーツなどメロンと聞いて思い浮かぶものは大抵あった。

 

 

 

 

ショーケースいっぱいにメロンが並んでいる様は圧巻!

早速カットメロンをいただく。

 

 

 

さぅ
メロンうまし!
メロンパンも!!

 

朝からメロン尽くし。ぜいたくぜいたく。

 

基本情報
  • 【住所】
    空知郡中富良野町宮町3-32
  • 【TEL】
    0167-39-3333
  • 【営業時間】
    9:00~17:00
  • 公式サイト

 

ファーム富田。

すぐ横にラベンダー畑が有名なスポットがあるのでここで花畑を堪能。

総面積約15万㎡の広大な園内に広がる花畑がこ・・・あれ?

花畑はなばたけ・・・。

 

 

ごめん。

ソフトクリームメインの写真しかなかった。

いや、綺麗だったよ花畑。

ただ僕の関心がソフトクリームにいってただけ。ただそれだけ。

でも花畑って写真で見てもよくあるやつになっちゃうからぜひここはラベンダーの匂いと北海道の風を感じながら自分の目で確認して欲しい。

写真撮れてなかった言い訳じゃないよ!(大嘘)

 

基本情報
  • 【住所】
    空知郡中富良野町基線北15
  • 【TEL】
    0167-39-3939
  • 【営業時間】
    9:00~17:00
  • 公式サイト

 

富良野チーズ工房。

石窯で焼く本格ピザを食べたくて富良野チーズ工房へ。

その名の通り、チーズを製造していて、製造工程を見学できたり、イカスミやワインの入ったチーズも売ってた。

そして待ちに待ったピザタイム。ひゃっほーい!

 

 

ペロリだった。

おっと写真を見ていたらよだれが・・・。

ただ僕はたまたま早く行ったからセーフだったけど帰る頃には1時間待ちだった。

ピークの時間をさけたほうがいいかも!

 

基本情報
  • 【住所】
    富良野市中五区
  • 【TEL】
    0167-23-1156
  • 【営業時間】
    4月~10月 9:00~17:00
    11月~3月 9:00~16:00
  • 公式サイト

 

サンタのヒゲ。

僕はこう思う。

 

 

メロン×ソフトクリーム=最強。

 

基本情報
  • 【住所】
    空知郡中富良野東1線北18号
  • 【TEL】
    0167-44-2033
  • 【営業時間】
    9:00~17:00
  • 公式サイト

 

青い池。

AppleのMacBookProの壁紙にも採用された青い池へ。

この青い池の手前に白金ビルケという道の駅も寄るの推奨。

ここで売ってる富良野ハンバーガーがそこそこ値段するけどめちゃめちゃうまかった。

それから、敷地内にハンモック・オルガン・卓球台とかが自然の中にあってのんびり楽しめる。しかも無料。

 

そこからのんびり2kmほど移動していよいよ青い池に。

ここはもう定番中も定番な観光地なので、唯一観光客が多く密だった。

でもそれもそのはず。駐車場から歩いてすぐのこの景色。

 

 

そりゃ人も集まるわ。

すれ違う人が「思ったより青かったね。」と話していたのも納得の青さ。

 

さらに3kmほど上流に行くと白ひげの滝というところがあるのでここも寄った。

ここは池よりもさらに澄んだ青だった。

 

 

なにこれサイダー?

なぜ青いのか気になったので調べてみた。

アルミニウムを含んだ滝の水と美瑛川の水が混ざり合って生成されたコロイドという粒子が太陽光にあたると青い光を反射して青く見える。
要は人間の目に青く見えるだけで、川の水自体は青くない。

うーむ。説明してドヤろうと思ったけど、書いててよく分からなくなってきた。

 

基本情報
  • 【住所】
    上川郡美瑛町白金
  • 【TEL】
    0166-94-3355
  • 【営業時間】
    7:00~9:00
  • 公式サイト

 

それとそのあと寄った美瑛選科というところもじゃがバターとか美味しかった。

地元の名産品が揃ってたのでお土産とか買った。

 

らーめんや天金。

旭川に来たから旭川ラーメン食べるっしょ!

ってことで宿泊する星野リゾートOMO7から歩いて行けるラーメン屋へ。

人気店らしく1時間くらい待った。

 

 

 

ま、それだけの価値はあった。

豚骨ベースのコクのあるスープと縮れ面の相性が最高の一杯。

あったまったぁぁぁぁ!!!!

 

基本情報
  • 【住所】
    旭川市4条通9-1704-31
  • 【TEL】
    11:00~20:00
  • 【営業時間】
    11:00~20:00
  • 公式サイト

 

星野リゾートOMO7。

Go Toトラベルで1万円以上安く泊まれたので星野リゾートへ!

ホテルのコンセプトは「旅のテンションをあげるホテル」。

あちこちに遊び心が効いたホテルだった。

 

 

こんな「蛇口からウェルカムドリンク」だ出てくるものがあったり。

ホテルから500歩圏内のディープな街情報が記された「ご近所マップ」が貼られてたり。

ホテルだけじゃなく、旭川を楽しめるようになってて楽しかった。

あと旭山動物園とセットで利用する人が多いからか完全に動物園推し。

 

 

旭山動物園の攻略法を教えてくれる「動物の話をしない旭山動物園講座」とかやってて盛り上がってた。

部屋もいわずもがな快適。

 

公式サイトより引用

朝食バイキングもこのクオリティ。

 

 

 

最っ高だった。

 

基本情報
  • 【住所】
    旭川市6条通9
  • 【TEL】
    0166-29-2666
  • 公式サイト

 

最終日。

旭山動物園。

粟樋川動物園と言えば、日本でも最高峰レベルに知名度が高い動物園。

でも地元にも東山動物園という最強クラスの動物園があるので「本当にすごいの?」と上から目線で行ってきた。

星野リゾートで伝授された攻略法通り、西門から入ってホッキョクグマ・アザラシ・ペンギンなどのメインを先に周るコースで周った。

この周り方が登り坂を少し回避できるのでよかった。

動物の写真を載せるとキリがないので一言だけ。

 

動物の見せ方がマジで匠。

トップクラスは伊達じゃなかったーーーー!!!

よく言われてることだけど、本当に動物との距離が近い。目と鼻の先!

 

 

なんていうか、生命を感じられる。

心なしか動物たちものびのび生きてるような気がした。

 

飛行機の関係で半日しかいられなかったけど1日いても楽しめただろーなー。

 

基本情報
  • 【住所】
    旭川市東旭川町倉沼
  • 【電話番号】
    0166-36-1104
  • 公式サイト

 

北の大地、最高!

はぁーーーー!

十数年ぶりの北の大地だったけど最高だった!

ごはんもうまいし、景色は綺麗だし! これだから旅行っていいよね。

コロナ禍ということで混雑も少なくゆったりまったり楽しめた。

どうしようもう行きたい。

 

それではまたっ! See You Again!

更新情報とか日常で感じたことつぶやいてます。