クラシスホームで建てる家づくりの軌跡を綴っています。

♯15.【クラシスホーム】初回間取り・見積もり提案。

どもども! さぅです。

この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。

前回を読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。[sitecard subtitle=前回を読む url=http://www.pierohowtolaugh.com/%e[…]

 

前回までのあらすじ。

理想的な土地を見つけ、不動産屋とも打ち合わせをした。

しかしどうやらローンの事前審査に通っていないとそもそも買い付けもできないらしい。

さらに事前審査と同時進行で、候補地でどんな家が建てられるのか間取りを描いてもらわねば!!!

 

希望を詰め込んだ家。

建築条件なしの土地を見つけたものの、事前審査もまだだし、何より肝心の建物のプランニングも見ないと決められない。

ただ土地は待ったなしの早い者勝ち!

のんびりやっていたら誰かが名乗り出ないとも限らない・・・なんにせよ可能な限り急いで行動せねば!!!

はてさて何社か渡り歩いてきたけどどこに提案をお願いするか・・・。

迅速かつ的確な提案をしてくれる住宅会社に依頼しなければ!

 

実際のところ、悩むまでもなく僕の中で答えは出ていた。

念のため妻にも確認してみる。

 

さぅ
どこにお願いする?
あそこでしょ。
さぅ
分かった。電話しとく。

 

どうやら妻も同じ意見だったようだ。

翌日、早速提案をお願いするべく電話を入れた。

 

 

クラシス営業です。
ひょっとして土地見つかりました?

 

そう。お待ちかねクラシスホームである。

もちろん他の会社も候補から外したわけじゃなかったけど、最初の提案はここにお願いしようとはだいぶ前から決めていた。

ま、はじめてモデルハウス見学に行った時から「あ、きっとここにお願いすることになるだろうな。」と思ってたけどね。

 

クラシス営業に「土地が見つかったものの早い者勝ちであるため急いでいる」旨を伝えた。

 

見つかってよかったですっ!
早速明日見に行ってプランニングに取り掛かりますね!
さぅ
・・・お願いします!!!

 

5日でなんとかしてくれるとのことだったので、それに合わせてアポを取った。

それからプランニングしている間に事前審査の書類を揃えて動いてくれるとのこと。

次のアポまで休日なかったから普通に助ける~。

 

それから土地フル活用。希望のオプション・間取りフル装備の家で 設計と見積もりをお願いした。

注文住宅ってあとから予算オーバーになっちゃったって話よく聞くからね。

とりあえず気になってるオプションは片っ端から付けてもらった。

床暖房とかも正直いらないかな~。と思ってたけどとりあえず付けた。

 

最大値を知ってから、現実的なプランに削っていく作戦!

見積もりに入れてもらえばオプション金額も明記されていい判断材料になるのでお勧め。

 

今回のプランニングで知りたかったこと
  •  土地をめいいっぱい使った時に可能な間取り
  •  希望している部屋数が作れるのか
  •  シューズクローク・パントリーなどの収納スペースをゆとりをもって作れるのか
  •  各部屋のカタチをキレイに取れるのか
  •  アッパーの見積もり金額
  •  希望を詰め込むだけ詰め込むとどんな家になるか見たかった(笑) 

 

はじめての間取り図確認。

 

どんなプランニングが出てくるのかな~と。ワクワクしていたらあっという間にアポ当日に。

もう前夜なんて楽しみすぎて眠れなかった。(遠足前の小学生か。)

 

クラシスホームに車を走らせ、例のごとくモデルハウス内の一室でいよいよはじめての間取り図解禁である。

その写真をお見せする前に、僕たちが前回伝えたやりたかったリストがこちらである。

 

当時やりたかったことリスト
  •  玄関ドアがら外(庭)が見える
  •  シューズクローク・パントリーなど収納スペース欲しい
  •  洗面所は造作
  •  対面キッチン
  •  LDKにプチ書斎(なお、妻は反対)
  •  トイレなどの水回りをリビングから離す
  •  玄関前に自転車を停めたい(濡れないとベスト)
  •  リビングに小上がりの畳スペース
  •  リビング階段

 

はじめに言っておく。

後に完成する間取り図はまったくの別物である。

最初の間取り図から最終的にどうなったのか過程をお楽しみください。

 

 

初回間取り図。

まずは、フル装備の家の間取り図から見せてもらう。

 

お待たせしました!
提案させていただくプランはこちらです!!!

 

1階部分の間取り図

 

2階部分の間取り図

 

1階2階合計
床面積67.25㎡56.50㎡123.75㎡(37.43坪)

 

さぅ
いい感じにぶっ飛んでますね。
おっしゃっていたご希望を全て無理のない範囲で詰め込みました。
でも住みやすい家になっていると思います。自信作です。
わーー! 中庭もあるんですねっ!
欲しいものが全部詰まってる・・・。素敵です!!!

 

本当に希望をすべて詰め込んだという感じ。

欲しい部屋数も、各スペースもゆとりがあるし問題なさそうだ!

玄関のある面で、2階を1階より出すことで屋根代わりになっている。素晴らしい!

妻が重視していた玄関開けた先に外の風景が見えるというのも家をコの字にすることで可能になっている。

コの字の家ってどうなんだろうとは思うけど・・・。

キッチンから外の景色が見えるというのも妻は気に入ったようだ。

うーーーむ。あとは廊下スペースが広く感じるからなんとかしたいな。

 

外観と内観。

しかし間取り図を見ても家のカタチが全然ピンと来ない。

とりあえず建物のカタチがシンプルとはかけ離れているのだけは分かる。

 

さぅ
でもこれ家のカタチどうなるんですか?
かなり凸凹してる感じするんですけど・・・。
もちろんこれだけはイメージしづらいと思ってちゃんと用意してありますよ!
こんな感じです。

 

 

 

 

さぅ
個性しかねぇ。
すごいね。こんなカタチの家って建てられるんだ・・・。

 

少なくとも建売住宅では絶対にお目にかかれないデザインである。

これでこそ注文住宅! って感じがするぜ。

それと土地を本当にめいいっぱいまでフル活用しているのがよく分かる。

ま、本音を言えばもうちょっと凸凹してない普通のカタチの家の方が好みだけど、叩き台としてはパーフェクト!

 

それから中から見たイメージ図も用意してくれていた。

 

 

左上は玄関から見た時、外が見えるよ~というイメージ図。

もうこれらの資料を見ながら、はじめての間取り提案にキャッキャしっぱなしだった。

これだよ!!! 家づくりに求めていた楽しさってやつは!!!!!

 

今回のプランニングで重要なのは、候補地で希望の家が建てられそうかどうか知ること。

候補地で建てたい家を建てられそうだな~。と納得できたのはデカい。

 

同時にクラシスホームにお願いしたいって気持ちも固まった。

前スケッチしてもたった時もそうだったけど、実際に間取り図を見てみると「ここ思ってたのと違うな~。」とか「もっとこうしたい!」部分がよく見える。頭の中でイメージできるようになるって大事。

間取り図を描いてもらわないと分からないことってたくさんあるんだな~。

 

はじめてのお見積り。

さて、間取り図ができたということは見積もり書も出来上がったということ。

今回は正直いらないかもな~と思うオプションまで贅沢に取り入れたフル装備仕様。

見積もりなんて見たくないよ。

高いに決まってるもん。

いや、でも万が一。億が一。予算内に収まっているなんて奇跡もあるやもしれん。

頼むぜ、クラシス営業。僕に奇跡を見せてくれ。

ちょっとばかり土地の値段が予算オーバーしてるから1,900万円くらいが理想的だぞ! 頼む!

 

値引きはまだこれからですが建物本体と付帯工事費用での金額です。
さぅ
・・・おいくらですか?

 

2,350万円です。
さぅ
Oh・・・。

 

ですよねーーー。

困った。予算を400万円以上オーバーしてしまっている!!!

ひぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!

完全フル装備の家とは言え、そんなにも超えてしまったか。これは想定以上。

 

・・・さ、余分なもの削っていこうか。
書斎スペースとか。

 

そして真っ先に犠牲になる僕の希望。

希望と現実をすり合わせる時間がはじまった。

 

それではまたっ! See You Again!

続きを読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。[sitecard subtitle=前回を読む url=http://www.pierohowtolaugh.com/[…]

更新情報とか日常で感じたことつぶやいてます。