♯8.モデルハウスを持たない、la CASA。

どもども! さぅです。

僕たち夫婦は今、家づくりをしています!

この家を建てる。カテゴリではクラシスホームで建てる家づくりの軌跡を物語形式で綴っています。

 

軌跡を1から順に読みたい人はこちら。

1から読む

どもども! はじめまして!さぅ(@Sau_IamPiero)です。僕たち夫婦は今、家づくりをしています!これが本当にただただ楽しい。このエキサイティングな体験を自分の備忘録として残すため。あわよくば誰かとこの興奮をシェアする[…]

 

前回の話を読みたい人はこちら。

前回を読む

どもども! さぅです。僕たち夫婦は今、家づくりをしています!この家を建てる。カテゴリではクラシスホームで建てる家づくりの軌跡を物語形式で綴っています。 軌跡を1から順に読みたい人はこちら。[sitecard[…]

 

前回までのあらすじ。

クラシスホームに僕も妻もメロメロ。

ただし妻はまだまだ住宅会社を探す気満々のご様子。

妻がリストアップしたうちのラスト。la CASAに行ってみた。

 

対話のla CASA編。

 

まったく住宅会社を知らなかった妻が珍しく存在を知っていたla CASA

妻が昔常連だったカフェも経営している会社だから知っていたみたい。

同じ建物の2階が住宅の打ち合わせスペースになっているとのこと。

そしてここはなんとモデルハウスを一切持たない住宅会社らしい。

 

さぅ
ってそれ行っても全然イメージ湧かなくないか?
でもla CASAで建てた人が知り合いにいるけど、一回目の打ち合わせで即決したって言ってたよ。
さぅ
マジで!!?
モデルハウスなくても即決できる理由があったってこと??
完成したおうちも素敵だったよ。
2人の趣味を取り込んだいかにも2人の家! って感じだったし。

 

そんなこと言われたら気になるジャマイカ。

うーむ。これまで行った住宅会社とはまったく違う住宅会社の予感・・・!

どんな打ち合わせになるんだろう。オラ、ワクワクすっぞ!

 

la CASAの家づくり相談へ行ってきた。

公式サイトより引用

 

車を走らせla CASAに到着。

住宅会社とカフェ、不思議とどちらにも見える落ち着いた外観。

いや、そもそも住宅会社らしいオフィスってよくわからないけども。

 

フレッシュな女性の営業が出迎えてくれた。

営業の方も、カフェの店員さんみたいなふわっとした雰囲気。

そういえば女性の営業に当たるのも何気にはじめてだ。

 

はじめまして~。
今日はよろしくお願いします!

 

本当にカフェと同じ建物に打ち合わせスペースがあるらしい。

その時はコロナでカフェは営業休止中だったのでカフェの雰囲気もしっかり見させてくれた。当然ながらお洒落である。

「ご自由にご覧ください。」という言葉に甘えて営業してないカフェの店内をウロウロ。

営業してない店内を見るってのも何気に貴重な体験だったなー。

 

la CASAとの打ち合わせスタート!

しっかり満喫したあと2階の打ち合わせスペースへ。

 

プロジェクターを使っての説明がスタート!

・・・まるで会社のプレゼンみたい。

大まかにまとめると、こんな内容だった。

 

  •  会社のヒストリー
  •  目指している家づくりの解説
  •  実例紹介
  •  la CASAで建てたご家族のストーリー

 

特に見どころだったのは、最後の章。

ライフスタイルや、周りの住環境など諸々の条件の中、どうすれば一番そのご家族らしい家になるのかの試行錯誤するシーンと、どういう意図でこの間取りになったのかの解説はとっても面白かった。

「あぁ、いい家が建ってよかった。」とエア建築した気分になれた。

 

モデルハウスを持たない理由。

公式サイトより引用。

 

la CASAというブランド名での事業は2007年からとまだ若い。

でも実は創業1902年と歴史のある会社である。

あえてla CASAがモデルハウスを持たない理由を教えてもらった。

 

それはla CASAの家づくりには決まった形がないからです。
さぅ
そういえば他の会社って注文住宅と言っても商品名が付いてて決まった形があるパターンって結構ありますよね。
そうですよね。でも私たちの会社では10組のご家族がいれば全く違う10通りの家が出来上がります。
建てる土地と住む人に合わせた家づくりをするからですね。
そうです! だからそのために打ち合わせには他社さんよりも時間をかけます。
パパっと家を建てたい人にとっては向かないハウスメーカーかもしれないですね。

 

ただモデルハウスがない代わりに、入居前の住まいを見れる完成見学会や、実際に住まわれているお宅を訪問するツアーを開催しているようでした。

言われてみれば土地ってひとつひとつ違うし、家に求めるものも人それぞれ。

自分たちに合う商品を持つ住宅会社を探すんじゃなく、自分たちに合う家を一から作ってもらうっていう発想っていいかも・・・!

 

 

la CASAが大切にしているもの。

la CASA営業曰く、la CASAが何より大切にしているのは対話。

とにかく建てられるご家族のことを深く知ることを大事にしているとのこと。

 

どこで過ごすのが好きか。家事分担はどうしたいのか。共通の趣味・特別な日の過ごし方。
たくさん質問させてください!!!

 

今までこんな方向から家づくりを考えたことはなかった!

ライフスタイルを徹底的に落とし込んで建てる家。

なるほどねー。確かにそれなら自分にフィットした家になりそうだ。

 

今日は初回なので軽めにと前置きされていろいろ聞かれた。

2人の出会いのきっかけ。2人でよく行ったデート。好きなカフェまで家とは関係ないように思える打ち合わせは1時間続いた。

え?これで軽めなん????

でもこっ恥ずかしいこの感じ。

前にもこんな質問攻めにあったことあるような気がする。

なんだったかなーこの感じ。

 

 

そうだ。

結婚式場の打ち合わせだ。

あの時も自分たちのことを根掘り葉掘り聞かれた。

でもまさか家づくりでこんな質問攻めに合うとは・・・!

完全に予想GUYデース。

 

最終的には互いのどこが好きなのかまで答えてたからね。

 

30歳夫婦にはなかなかの羞恥プレイ。

あの答えが家づくりにどう役立つと言うのか・・・。

 

これだけで終わらず「ライフスタイルシート」というものを次回打ち合わせまでにやってきてくださいと宿題にもらった。

どうやらこれにも生活スタイルや好きな雑誌・好きな場所などを記入するようだ。

あぁ、この会社本気だ。

本気でお客さまのことを知ろうとしてるわ。

 

最後に土地を探してもらう約束と完成見学会の予約をしてその日は帰宅した。

 

帰りの車内で。

 

la CASAが他とまったく違う切り口の会社だということを感じた2時間だった。

 

さぅ
どうだった?
家見てみないと分からないってのが本音。
でも住宅展示場行ったあとすぐここ来たら即決しちゃう気持ちも分かるなーー。
さぅ
こんなに自分たちのことを知ろうとしてくれる会社なかったもんね。
ねーー。
la CASA営業もいい人だったしとりあえず完成見学会は行ってみたい。
それ見てからかな。

 

la CASA検討中の人には、のむさんの訪問レポが必見です! 他社と一線を画すla CASAの魅力が伝わってくる記事です!

Smile wave

展示場を持たない注文住宅メーカーla CASA訪問レビュー。お金では買えない提案力を感じたメーカーでした。…

 

それではまたっ! See You Again!

続きを読む

どもども! さぅです。僕たち夫婦は今、家づくりをしています!この家を建てる。カテゴリではクラシスホームで建てる家づくりの軌跡を物語形式で綴っています。 軌跡を1から順に読みたい人はこちら。[sitecard[…]

0
更新情報・好きなことを好きにつぶやいてます。