♯6.友達の家で見つけた家づくりのヒント。

どもども! さぅです。

僕たち夫婦は今、家づくりをしています!

この家を建てる。カテゴリではクラシスホームで建てる家づくりの軌跡を物語形式で綴っています。

 

軌跡を1から順に読みたい人はこちら。

1から読む

どもども! はじめまして!さぅ(@Sau_IamPiero)です。僕たち夫婦は今、家づくりをしています!これが本当にただただ楽しい。このエキサイティングな体験を自分の備忘録として残すため。あわよくば誰かとこの興奮をシェアする[…]

 

前回の話を読みたい人はこちら。

前回を読む

どもども! さぅです。僕たち夫婦は今、家づくりをしています!この家を建てる。カテゴリではクラシスホームで建てる家づくりの軌跡を物語形式で綴っています。 軌跡を1から順に読みたい人はこちら。[sitecard[…]

 

前回までのあらすじ。

一条工務店で味わった国内最高峰の性能。しかしなぜかコレジャナイと感じてしまう。

でも何がコレジャナイのかの正体は掴めないままであった。

 

友達の家でリアル注文住宅見学。

友人のタタミ君の新居にご招待してもらった。

注文住宅で建てた生の家を見られる願ってもない機会!

友達の家に行くという言葉の意味が「友達の親の家に行く」から「友達の建てた家に行く」になったんだなぁ・・・。

なんて思いながら地元へ車を走らせます。

 

タタミ君と奥様のイチゴさんと合流して昼メシを食べ、いよいよ新居へ。

 

さぅ
おぉ、ここか!!!

 

家づくりをはじめてから見ると、外観を見ただけでドラマを感じる。

玄関ドア。外構。ポスト。窓の形。屋根の形状。

今までなんとも思わなかったひとつひとつを見ているだけで面白い。

自分が変わるとこんなに世界の見え方は変わるのか。

 

 

お洒落な緑色の玄関ドアを開けてもらい早速、新築見学会スタート!

玄関ドアを抜けてすぐの光景にいきなり度肝を抜かれる。

 

さぅ
お邪魔しまーーーうぉぉぉぉぉぉ!!!!?
どーよ?
さぅ
どーよって。
友達の家に遊びに来たつもりなのに・・・。

 

 

さぅ
別荘に来た気分味わってるわ。
そこを、狙いました。

 

割と大人しめな外観からは想像もつかなかった別荘のようなリビング。

リビングは吹き抜け。天井にはあの名前の分からないくるくるが回っている。

もうほんと。ただただ圧倒的開放感。

 

何だこの家!! めちゃくちゃテンション上がるんだけど!!!

ソファに腰かけて天井を見上てみる。

うーーーーむ。

 

さぅ
完全に気分は軽井沢だわ。

 

ほんと注文住宅って面白いな!

 

帰りたくなる家が目指すべき家。

話を聞くと、何度も何度も間取り図を書いては消して。書いては消してを繰り返しこだわり抜いたとのこと。

さぁ俺の新築を褒めろと顔に書いてあったので素直に感嘆してこう応えた。

 

さぅ
ほんとタタミの家って感じだわ。
毎日別荘気分味わえるとか最高でしかない。
今のところ毎日帰るのが楽しみだよ。
会社からまっすぐ家帰るもん。

 

帰りたくなる家ってCMでよく聞くようなフレーズだけどマジで大切だよなぁ。

そんな話をしながら特にこだわったポイントをいくつか教えてもらった。

 

小上がりの畳スペースとの出会い。

友達に聞いたこだわりポイントで僕が特に気に入ったのが小上がりの畳スペース。

 

この小上がりの畳スペースは作って、本当に正解だった。

 

写真はイメージ

 

「畳=和室」っていう固定概念にとらわれてた。今はこんなのがあるのか。

実家の和室は長いこと開かずの間と化してたけど、こういう取り入れ方なら普段使いできそう。

友達が教えてくれた魅力はこんな感じ。

 

 小上がりの畳スペースの魅力
  •  段差に腰かけられる
  •  秒で寝られる
  •  収納スペースを作ることも可能
  •  子どもの遊び場にももってこい

 

さぅ
でもさ。こんな誘惑スペースが階段横にあると寝室に行くのめんどくない?
そうなの!
ぶっちゃけここでよく寝てる!!
さぅ
ですよね~。

 

でもいいな! 小上がりの畳スペース。

これ絶対やりたいわ。家づくりの要望リストに加えておこう。

 

他にも、畳スペースのカウンター。大きいバルコニー。将来シアタールームに改造予定の屋根裏部屋・・・。

数々の自慢の設備を見せてもらった。

マジでこいつ清々しいくらい家のステータスを「遊び」に振りまくってんな。

 

この階段、壁ないから絶対一度はスマホ落としそうだけどな!
ていうかスカートで登ったらパンツ丸見えだしね。
さぅ
今度男の子生まれるんでしょ?
彼女連れてくる日が来たらタタミはリビングから追放されるな。
そんなチャンス絶対どかねぇ!!!

 

雑談しながら後悔ポイントを漏らすものの、家を語る2人はとても幸せそうだった。

自分の「好き」を詰め込んだら、たとえ後悔ポイントがあっても満足できるんだなぁ。

2人の表情からそれが伝わってくる。

素直に「いいなぁ。」と思った。

 

それぞれの「好き」があるよねって話。

ふと、一条工務店で感じたコレジャナイ感の正体ってこれかも! と思った。

自分たちの「好き」がそこになかったから。

一条工務店を否定しているワケじゃない。むしろとっても素晴らしい工務店だと今でも思ってる。

性能の良さは大事なファクターだし、ないよりあった方がいいに決まってる。

ただ僕たちがこだわりたいポイントはそこじゃなかったんだな。

そう悟った僕は、「好き」を詰め込めるメーカーを探すぞ! と決意を新たに帰宅した。

 

僕も体験してよく分かったんだけど実際建てた人の話を聞いたり、実際の住まいを見せてもらうのは最高の勉強です。

住宅展示場やモデルハウスとは違うベクトルでほんとーーーに参考になる。

機会があればぜひぜひ見に行くことをお勧めしますっ!

 

それではまたっ! See You Again!

続きを読む

どもども! さぅです。僕たち夫婦は今、家づくりをしています!この家を建てる。カテゴリではクラシスホームで建てる家づくりの軌跡を物語形式で綴っています。 軌跡を1から順に読みたい人はこちら。[sitecard[…]

 
0
更新情報・好きなことを好きにつぶやいてます。