クラシスホームで建てる家づくりの軌跡を綴っています。

♯5.見せてもらおうか、一条工務店の性能とやらを。

どもども! さぅです。

この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。

前回を読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。[sitecard subtitle=前回を読む url=http://www.pierohowtolaugh.com/%e[…]

 

前回までのあらすじ。

マイホームの資金計画もしてみて、暫定的に予算も決めた。

妻は僕の知らない間に見学に行ってみたい3つの矢を用意していた。

 

  •  一条工務店
  •  クラシスホーム
  •  la CASA

 

その一つ一条工務店が住宅展示場にあったのであの豪邸の中に再び向かいます。

 

家は性能。の一条工務店編。

さぅ
もう住宅展示場に来ることはないと思ったのにすぐ来たね。
忘れよっ・・・前回はリサーチ不足だっただけだから。

 

今回向かった先は2018年度着工戸数ランキング全国2位の一条工務店

家は性能。」という直球なキャッチコピーはあまりにも有名。

当時は工務店ってだけで大手じゃないと思ってた。

でもそれだけ選ばれてる性能ってどんなんだろ? オラ、ワクワクすっぞ!

 

 

3本の矢。一条工務店のi-smart。

今回はi-smartという一条工務店のモデルハウスにお邪魔します。

 

i-cube:高気密・高断熱を極めた一条工務店の極みの商品。

 

入口で一条営業が待っていてくれたのでそこであいさつを済ませ、早速中へ。

 

目に飛び込んできたのはとにかく。シンプルなデザイン。

んー。今まで見てきたモデルハウスに比べると控えめなインテリアだなぁ。

妻も「なんていうか普通だねー。」と同じ印象を抱いたよう。

うーむ。決して悪くはない。悪くはないんだけど、、、。

特段テンションが上がる感じは正直ないな。でも売りは性能だろうからこんなものか。

 

そんなことを思いながらモデルハウス内をずんずん探検。

・・・あれ? なんだろう? この物足りなさ。

うーーーーーん。なんだこの違和感。何かが足りねぇ気がするんだが・・・。

 

・・・・・。(ニコニコ)
さぅ
・・・・・。
・・・・・・・・。(ニコニコ)
さぅ
・・・・あ、ここいい感じだね!
・・・・・・・・・・・・・。(ニコニコ)

 

な、なぜだ・・・。

なぜ話しかけてこない。

この一条営業。ソーシャルディスタンスを保ち背後でニコニコしているだけである。

そういえば名刺をもらってからこの人一言も発してないぞ!!!

こ、これがコロナ禍のニュースタンダードなのだろうか・・・。(たぶん違う。)

普通さっ。「いい感じだね!」とか話してたら食いつくだろ!!!

そんでもってセールストークガンガン入れるでしょ!

ど、どういう魂胆なんだろうか。

 

結局何の説明もないまま最後の寝室に到着。

・・・終わったーーー!!!

何の説明もないまま見学が終わったーーーーー!!!

え? このあとどうすれば??

突然、一条営業が口を開きました。

 

いかがでしたでしょうか。
さぅ
全然分かりませんでした。とってもいい家ですね!

 

よかった! 喋ってくれたーーーーっ!!!

まさか喋ってくれただけで嬉しいとは・・・。

途中から「まさか最後まで喋らない気じゃ・・・。」とビクビクしていたから思わずホッとしちゃったよ・・・。

 

覚醒後。セールストークは止まらない。

僕の気持ちを知ってか知らずか、一条営業の一度開いた口は止まらない。

 

まずお伝えしたいのは一条工務店の家が、一年中どこでも春だということです。1階から2階まで全館床暖房なので寒さ知らず! リビングだけじゃなく廊下やトイレ・なんと脱衣所まであったかいですよ! さらにま窓もトリプル樹脂サッシを使用しておりましてこれがまたーーーー。

 

喋らなかったのが嘘のようなマシンガントーク。

さぅ
この人、めっちゃ喋るやん。

 

どうやらあれは力をためている状態だった模様。

 

そのあとも一条工務店が誇る設備をあますことなく教えてくれた。

実際に住んでいる家の数値で説明されるので説得力はかなりのもの。

 

その代わりデザインは少し自信ないんですが・・・。
(・・・正直かよ。)

 

一条ルール。

なぜこんなに実際に住んでいる家でこれだけの数値が出せるのか。

それを一条営業に尋ねたところ。

 

壁や窓の大きさにも一定の基準があるので実現できるんですよ!

 

 

とのこと。ルールの中での自由設計だから基準をクリアできるってことらしい。

聞けばオリジナルの住宅設備を手掛けていて、ほとんどをその中から選ぶことになるらしい。

注文住宅と言っても標準仕様の中でのパーツ選びというイメージ。

 

一条工務店は他のハウスメーカーより特にこの制約が厳しい。
窓の大きさや数まで決められているので、巷では一条ルールと呼ばれている。

 

でも確実に快適な家にするためなら仕方がないことなのかも・・・。

他社で付けると高額オプション間違いなしの設備も標準でついてるし。

 

一条工務店の値段。

そうなると気になるのはやはりアレ。

 

さぅ
でも、お高いんでしょう?
そんなことはないですよ。床暖房から外壁のタイル・窓・お風呂までフィリピンの自社工場で生産しているのでお値打ちです。さらに床暖房やトリプル樹脂サッシも標準装備。太陽光の夢発電システムも初期費用0円で導入可能です。
さぅ
(・・・よくしゃべるなぁ。)
それはいいですね。ちなみに35坪でざっといくらですか?
そうですねー。
ざっと2,400万円でしょうか。

 

うーーーーーーーーーーーーん。

どうなんだろう。この金額。標準装備のものが欲しければ確かにお値打ちかもなぁ。

 

最後に一条工務店の情報が詰まってるからぜひってことでタブレットを貸してもらいその日の打ち合わせは終了!

いやぁ、説明してもらえて本当によかった!!!

 

帰りの車内で。

 

さぅ
どう思った?
うーーーん。
素直にすごいと思ったけどテンションは上がらなかった。

 

ほんとそれ。

一条工務店で建てれば間違いない家が建ちそうな予感はした。

一条工務店は気密性・断熱性は業界ナンバーワン! 外気温の影響を受けにくい高性能な家が保証される。

でもデザイン性がやっぱりいまいち。あと間取りを契約前は一回だけと言われたのもなんだかなぁ。

コレジャナイ感がするなぁ。

 

さぅ
あ、あそこの家一条工務店かな?
ほんとだ。タイルですぐ分かるね。
似たような雰囲気になるのもなぁ・・・。

 

それではまたっ! See You Again!

続きを読む

どもども! さぅです。この家を建てる。カテゴリーは僕たち夫婦が奮闘している家づくりの軌跡を綴っています。[sitecard subtitle=前回を読む url=http://www.pierohowtolaugh.com/%e[…]

更新情報とか日常で感じたことつぶやいてます。