クラシスホームで建てる家づくりの軌跡と雑記。

withコロナ時代にやるべき8つの固定費削減法。

どもども! さぅです!

今年はコロナ一色ですね~。
色々と想定外の打撃を受けた人も多かったはず。
僕の場合は、特に給料!!!
手取りにして10万円近く激減した。つらい。
この状況を打破するべく悩みに悩んだ末、節約することにした。
 
今回はいかに楽して節約するか。をコンセプトに僕が行った節約法を8つ紹介します。
 
はじめに結論からお伝えすると。
年間717,360円節約できた。(歓喜)
生活コスト下がって分かったけど、マジで捗る。
固定費気にしたことないな~って人はぜひ参考にしてください!
 

はじめの一歩は家計の把握。

僕は家計簿をつけたことがなかった。

 

さぅ
財形貯蓄してるし赤字になってないから必要ない!

 

と本気で思ってた。近所の壁で頭打ち付けてこい。

 

節約のはじめの一歩は「自分が毎月何にいくら支払っているのか」きちんと現状を把握すること。

数ヶ月分の給与明細・通帳・カード明細を引っ張り出して契約内容と払っている金額をA4用紙に書きなぐった。

その結果。

 

さぅ
あ、これまだ加入してたんだ。
これも補償内容かぶってるよ。

 

出るわ出るわ。惨憺たる結果だった。

最低でも1ヶ月分。できれば2ヶ月分を洗いだすことをお勧めします。

1円単位まで、徹底的に。

ただ金額を拾うのではなくなぜその金額なのかまで細かく。

 

家計の支出は大きく分けると、以下の3つ。

 

家計の支出
  1.  固定費:毎月・毎年出ていく支出。(例:保険料・家賃など。)
  2.  生活費:毎月金額が変動する支出。(例:食費・交際費など。)
  3.  特別費:臨時に発生する支出。(例:冠婚葬祭費など。)

 

注目したいのは固定費!

大事なお金を永続的にむしり取る危険なヤツ。

お掃除タイムだ。注意深く精査しいらない子を見つけ容赦なく始末するぜ!

たとえ月額100円でも容赦しないぞ!!!

 

固定費の節約。

それでは僕が実行したことを8つ紹介します。

 

1.スマホを格安SIMに。

 格安SIM

大手キャリア(au/docomo/softbank)の回線を借りて格安サービスを提供する会社(MVNO)が取り扱うSIM(通話・通信に必要なICカード)のこと。

2020年に楽天も参入したけどね。

2019年の携帯電話の格安SIM普及率はおよそ18%。

もうね。未だに大手キャリアを使っている人。

宗教上の理由でもない限り、今すぐ格安SIMにして!!!

 

どこの会社を選んでも大手キャリアからならまず安くなる。

僕たちの場合auで夫婦2人で毎月15,000円前後払ってた。

UQmobile(auのサブブランド)に乗り換えた今は2人で毎月5,000円

これだけで年間120,000円の節約。

凄くない? 1年でだよ? 泊まりでディズニーも余裕!!!

そうとも知らず・・・というかCMで存在は知っていたのにずぅーーーーーーっと大手キャリアで払い続けてた。

 

さぅ
僕ってほんとバカ。

 

しかも電話使い放題オプション付けての金額。(仕事の関係上必要。)

オプションなしの妻の携帯代はCMの謳い文句通り1,480円

夫婦で携帯料金月3,000円台も射程距離内だと思う。格安SIMマジ格安。

 

もちろん格安SIMにはデメリットもあります。

よくデメリットとして挙げられるのはこの5点。

 

 デメリット
  1.  通信速度が遅くなる。(特に昼。)
  2.  大手キャリアメールが使えない。
  3.  実店舗が少ない。
  4.  端末の初期設定が必要。
  5.  クレジットカード払いのみ対応の会社が多い。

 

ただ結論として、5ヶ月間不便を感じたことはない。格安SIMマジ最高。

 

格安SIMは実店舗が少ないこと・人件費の削減が値段とのトレードオフになっているので申込方法・初期設定は勉強する必要がある。

でも「格安SIM やり方」でGoogle先生に聞きばいくらでも詳しい説明が載ったサイトが教えてもらえる。

だから格安SIMに変えよう。おじさんとの約束。

僕の場合タブレットにも毎月2,000円払ってた。

解約してもWi-Fi環境で使えるのになんで放置してたんだか・・・。

即、解約。年間24,000円の節約。

 

2.行けないジムには行かない。

これはコロナが怖くてやめた。

そもそも週2しか通わないジムに夫婦で月18,000円って・・・。贅沢すぎ。

市営施設なら1回300円とかなのに!

やめて年間216,000円節約

 

さぅ
ジムやめようと思うんだけど。
え? いいの?
正直結婚式終わってからはやめたかったんだよね。
さぅ
マジか。

 

さらに会社のテニス同行会も退会し、年間6,000円の節約。

 

3.サブスク本当に必要なものだけ残す。

サブスクリプションサービス。略してサブスク!

コロナ禍に幸せになれるサービスだけど油断禁物。

 

僕が加入していたサブスクはこの4つ。

  1.  Amazon Prime(月額500円)
  2.  hulu(月額1,050円)
  3.  Youtube Premium(月額1,180円)
  4.  Spotify(月額980円)

利用頻度が少なかったHuluとSpotifyを解約。

確かに契約数を増やすほど見れる作品は広がるし楽しい。分かる。

でも時間をどんどんサブスクに奪われる絞るのがベター。

 

さらに、とんでもないことも発覚した。

 

さぅ
あれ? 妻もAmazon Prime入ってるの?
嘘・・・。まったく入った記憶がない。
 

利用していないのに払っていた模様。4年間。

3つ解約して、年間30,360円の節約。

 

4.クレジットカードの集約。

見落としがちなクレジットカードの年会費。

最後に貯まっていたポイントだけ利用して使ってないカードは全解約した。

分けててもポイントが分散するだけだしね。

夫婦で4枚減らして3枚に集約。

年会費で年間3,000円節約。

 

 

5.保険をスリム化する。

はい。日本人だいすき保険です。

日本人の加入率は8割! 僕もたくさん入ってた。

でも加入中の保険の契約内容きちんと把握してる?

 

保険は不幸の宝くじ

多くの人が不幸になる可能性にお金を払って、保険金以上のお金を手にする人はひと握り。

そして当然だけど、保険料は保険会社が絶対に損しないように操作されている。

 

・ 保険会社がCMをたくさん流せる理由
・ 保険会社の立派なビルが一等地に並ぶ理由

 

すべて支払う保険金以上の保険料をガッポリとれて儲かるから。厳しい世界。

 

1人当たりの平均月額保険料は月額32,000円。

これを50年支払うと、夫婦で38,400,000円

立派な家が建つよコレ。

「それっぽっち気にするだけ無駄!」という人以外スリム化しようそうしよう。

宝くじを買うために生活が苦しいなんておかしな話。

 

僕たち夫婦が加入していた保険はコチラ。

 

 さぅ
  •  国民健康保険
  •  ドル建て積立生命保険(月額16,000円)
  •  医療保険(月額4,000円)
  •  会社団体医療保険(月額1,500円)
  •  がん保険(月額3.000円)
  •  火災保険(月額1,500円)
  •  自動車保険(月額10,000円)

 

 妻
  •   国民健康保険
  •  医療保険(月額3500円)

 

この差よ。

「とりあえず保険入っておいた方が安心でしょ!」と思っていた僕の頭の悪さが際立つわーー。

2人で月額39,500円。

年間474,000円も保険料に消えていたらしい。

僕1年のうち1ヶ月は保険料払うためだけに働いていたのかよ・・・怖っ。

 

それに保険でもらえるのはお金だけなのに何に安心と思っていたのか。

病気が治るかどうかは無関係だよねー。

 

そもそも日本で暮らす以上、健康保険もある。

医療費の自己負担は3割だけだし、さらに高額療養費制度という強い味方がいる。

 

 高額療養費制度

医療機関や薬局の窓口で支払った額が、ひと月(月の初め から終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度
※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません

 

医療費の自己負担の上限は月10万円程度というもの。(年収1000万円以下の場合。

手元にキャッシュがない人は医療保険で防衛するのもひとつの策だけど、月10万円なら保険に頼らくてもなんとかなる人いると思う。

今はがんでも長期入院させてくれない時代。

保険が安心料と言うのなら100万円貯めておけば安心できそう。

 

食費・差額ベッド代・先進医療費は健康保険の対象外だから、保険の営業マンは当然ここを切り口に保険を勧めてくる。気をつけよう。

先進医療ってなんでも治る最先端の治療法な気がするけど、効果があるか国がまだ確認できていない医療だ

試験段階だから健康保険に組み込まれてないし受けられる施設も少ない。

入るとしても最低限の掛け捨て保険だけで十分

 

すべて解約するのは危険だけどね。

起きたら取り返しつかない系は残すのが無難。

 

  •  火災保険
  •  自動車保険(対人・対物)
  •  生命保険(最低限のもの)

 

僕はがん保険と医療保険を解約。他の契約もすべて見直しスリム化。

今の保険料は夫婦で月額16,000円です。

年間282,000円の節約。

 

6.電力自由化したから自由に選ぼう。

2016年4月、「電力小売全面自由化」が実施された。

これにより電気を「作る」「送る」会社は今まで通りに、「売る」会社を数百社から自分にとってお得かどうかで選べるように!

素晴らしいのは移行する際新しい電力会社に申し込むだけでいいという手軽さ。

面倒な前契約の解約手続きもいらないし、例外もあるけど違約金もない。

 

どこの電力会社も乗り換えてもらうため料金を安く設定している。

普段利用しているサービスと接点のある電力会社を選ぶのがお勧め!

僕は楽天経済圏の住人なので楽天でんき一択。

決めた理由は3つ。

 

 楽天でんきの3大メリット
  1.  基本料金0円
  2.  楽天ポイントが貯まる。
  3.  電気料金が楽天ポイントで支払える。

 

ずっと全額ポイントで支払えているので電気代は払ってないも同然。

お金が減らないというのは精神衛生上大変よいです。

電気の使い方は変えてませんが前年同時期と比較して月額1500円安くなりました。

年間18,000円の節約。

 

7.節水をストレスなしで。

シャワーを使う人限定。

節約シャワーヘッドに取り替えよう!

 

 節水シャワーヘッド

水の出る穴を小さくしたり数を減らすことで使用感はそのままに使用水量を30~50%削減する商品。

 

使用感も取り替える前とほぼ同じ!

商品によっては、止水ボタン付が付いていて手元で水を止められたり水圧調整機能もある。

もう以前のには戻れない! おまけに節水! いいことづくめ!

沸かすお湯も減るから水道代+ガス代・電気代も節約に!!!

取り替えて以降、水道光熱費が格段に安くなった!

2,000円~3,000円なので半年で元が取れる。

取り替えもくるくる回して外して新しいのをくるくる回して付けてはい終了!

僕が使っている商品のリンクも貼っておきます。お勧めです

 

 

 

8.バーバー、妻。

非常事態宣言の時、美容院にすら行きづらい雰囲気あったよね。

コロナ対策が節約にもなったパターン

妻がノリノリだったのでやってみたら最高だった。

先入観で「ムリでしょ!」と思っていたけど意外と簡単。

使ってるのアタッチメント付きのバリカンだけ。

妻も最初こそYoutubeを参考にしながらだったけど2回目以降は自己流。

 

しかもじぶん美容院にするとこんなメリットが!

 

 じぶん美容院のメリット
  •  美容院を予約しなくていい。
  •  いつでも切りたいときに切れる。
  •  往復する時間もかからない。
  •  もちろんタダ。

 

2ヵ月に1回4,500円払っていましたがこれからは年2回で済みそうです。

年間18,000円の節約です。


まとめ。

これらの節約法を試した結果。(7は金額が不明なので計算から除外)

 

月額59,780円。

年間717,360円節約できた。(歓喜)

家が建てれるぜぇぇぇぇぇぇ!!!!!
 
固定費の節約だけでこの威力・・・!

しかもほとんどは最初だけやれば基本ノータッチ! 最高!

何か気になるものがあった人はぜひ参考にしてみてください!

 

それではまたっ! See You Again!

更新情報・好きなことを好きにつぶやいてます。