【キャッシュレス時代の罠】現金使いたい時現金がない。

もうキャッシュレス決済なしには生きていけない。

どもども! さぅです。

 

あなたは現金派? それともキャッシュレス派?

コロナ禍の影響もあって急速にキャッシュレス派がめきめきと勢力を伸ばしている気がする。とは言え現金派も根強い。

実際のところどれくらい浸透しているんだろう?

気になってTwitterでアンケートを取ってみた。

 

 

 

キャッシュレス派圧勝。

いやぁ~。浸透してきてるなー。

2020年1月時点では日本のキャッシュレス普及率って約20%のはずだけどね。(経済産業省のデータより。)

SNSをやっていない層が現金派の主力な気はするけど、ますますキャッシュレス化の勢いは加速していくんだろう。

 

僕もいざスマホ決済を導入してみたらもう快適で快適で。

スマホにしたら現金払いになんて引き返せないね!

 

というわけで今回は、ゆるーく「キャッシュレス派になった理由」と「キャッシュレス派にしてハマった罠」を書こうと思うよ。  

 

キャッシュレス派になった理由と経緯。

僕はほんの数か月前まではスマホ決済の登録もしていなかった。

数万単位の買い物の時はクレカ払いにしてたけど、日常生活の支払いは迷わずニコニコ現金払いだった。

 

さぅ
たかだか数百円でクレカ払いするの恥ずかしくね???

 

と思っていた。

今となっては何が恥ずかしかったのかマジで謎。

 

そんなわけで財布から諭吉がいなくなる度にATMに行って諭吉を召喚してた。

 

でもある日。

楽天経済圏(楽天サービスを使いまくって楽天ポイント貯めてリッチになろうぜっていう概念)に足を踏み入れてようやく気付いた。

 

さぅ
日常生活の数百円の支払いでも、ちりつもで結構ポイント貯まるな!!!????

 

気づくのが数年遅いわ。

遅ればせながらキャッシュレスの偉大さを知った。

現金払いでの買い物はただお金が減るだけだけどキャッシュレスならポイント貯まる。

しかも今やそのポイントは現金同等の価値なのだ。これはもう使わない手がない。

 

その流れでスマホ決済も導入した。そしたらもうびっくり。

 

ただ財布を取り出さない。

それだけのことがこんなに楽だとは!!!

レジの前で小銭を探す必要もないし、小銭を増やさないように頭の中で計算する必要もない!

そもそも財布すらいらない!

最っ高っっっ!!!!!!

 

長財布・・・いらなくね?

なんかもういらねー気がする。

日常生活では特に。スマホ決済導入してから財布を出す機会がないもんなー。

アラサーだし恰好つくのにしようと奮発してイルビゾンテの財布買ったのにっ!

今や財布を出す機会といったら会社である運転免許証チェックの時くらいだよ。

もうさ。会社のおっさんに恰好つけてどうすんだって話じゃん。

その結果。

 

 

長財布の定位置は机の引き出しの中。

重かったんだ。出番ないくせに重かったんだ。

せめて旅行の時は持ってくかーと思ったけど「旅行の時の方こそ軽い方がいよくね?」って気づいちゃった。

 

かれこれ4ヶ月。日の目を浴びていない。

イルビゾンテは大好きなんだけどね・・・。

すまん。お前は何も悪くない。憎むなら時代を憎んでくれ。

 

キャッシュレス化するメリット。

コインケースにクレジットカード・免許証・定期券・お札数枚入れてるだけ。

でもこれで特に何も不自由してない。

それなのにカバンが驚きの軽さ。

長財布がないとカバンこんなに軽いんだってビビったよね。

 

しかもこのコインケース結婚式の引出物のカタログで選んだやつ。

 

 

完全に財布に対するこだわりは死んだ。

ご愁傷さまです。

 

あ~ぁ。お洒落より実用性をとるなんて!
このおっさんが!
さぅ
・・・・・。

 

だって・・・だって楽なんだもの・・・。

 

ちなみにキャッシュレス化して感じたその他のメリットはこんな感じ。

 

キャッシュレス化のメリット
  •  ポイントがザクザク貯まる
  •  ATMに並ぶ回数が減る(手数料も払わなくて済む)
  •  会計がスピーディー
  •  荷物がとにかく減る
  •  家計簿いらず!(何に何円使ったか明確化される)

 

 

キャッシュレス時代の罠。

 

今ではすっかりキャッシュレス依存症。

ただ便利な反面、キャッシュレス化にどっぷり浸かるとリスクも伴う。

それは、現金使いたい時に現金がないトラップ。

 

普段まったく現金に触らないから現金に対する意識が薄れるんだよね。財布の中の状況をついつい忘れがち。

最近店内に現金オンリーのポップがあるとドキッってなる。

 

さぅ
やべっ。財布に現金入ってたっけ?
そもそも財布持ってきてたっけ?

 

現金使うだけでドギマギする日が来るとは!!!

はじめてのおつかい以来だぜこの感じ。

 

地味に現金が必要な場面ってあるよね~。

早くキャッシュレスで何もかも済ませれる時代にならないものか・・・。

 

ともかく実際に僕がハマった現金が必要なシチュエーションを4つ紹介する。

犠牲になるのは僕だけでいい。

みんなはちゃんとトラップを回避するんやで!!!

 

歯医者。

今でも現金オンリーの施設は非常に多い。

特に多いのは医療費関係。

歯医者の定期健診行って「よく磨けてますね~。」と褒められて、小学生みたいに喜んでいた。

数年ぶりにレントゲンも撮っておきますか~って言われて何も考えずOKした。

 

まさか財布の中身も小学生並だとは。

医療費関連って精算まで料金分からないから恐怖だよね。

こういう時こそキャッシュレスの包容力が必要なのに・・・!!!

まぁでも病院側も決済手数料とか導入コスト考えたらそりゃキャッシュレス化しないわなぁ。

どこもやってないのに先陣を切る必要性がない。

「クレジットカード対応・電子マネー対応」のポップ出てて「お、すげーじゃん!」と思ったらただし保険外医療の場合のみというトラップ。

い、意味ねええぇぇぇぇぇぇぇ!!!

 

 

ワリカン時。

友達と家で天ぷらパーティーした際、現金が足りなくて焦った。

やっぱりまだまだワリカンの時は現金派がほとんどだと思う。

ワリカンアプリもあるらしいけど全員そのアプリのユーザーなんて奇跡ある?

 

ゲート式の有料パーキング。

マ ジ で 詰 ん だ。

しかもこういう時に限って後ろに車が列をなしててさ。絶望感ハンパなかったよ。

あれほど焦ったのはうんこ漏れそうになった時以来だよマジで。

 

どうしようもなくて妻を残してATMに全力疾走した。

戻った時、数台後ろで待ってて申し訳なさで死にそうになった。

今思えば管理室への直通電話にかければ助けてもらえた気がする・・・。

 

ラーメン屋。

地元で人気なラーメン屋に行った時。

昼時なのもあって、10人くらい待っていて「うわ、並んでるなー。」と思ったけど、ラーメンスイッチ入ってたから待つしかない。

で、30分くらいかな? ひとり寂しく待って。

 

食券機の前でフリーズした。

この時の僕の気持ち、分かる?

だって車を走らせてコンビニにお金をおろしにいったとしてそのあとしれっと元の位置に戻れる?

ムリじゃね?

その結果どうしたかと言うと。

泣きながら家でカップラーメンかきこんだ。

 

まとめ。

その他にもまだまだキャッシュレスは対応していないシチュエーションはまだまだある。

 

キャッシュレス未対応のシチュエーション
  •  市役所関係
  •  自動販売機
  •  停電時の支払い
  •  一部の公共交通機関

 

全部キャッシュレスで済むならこんなに楽なことないけど現状現金ないと怖いよね~。

これが現金派が現金派である理由な気もする。

 

でもますます便利になって世の中のスタンダードになっていくであろうキャッシュレス!

現金派もぜひ一度トライすべし!

きっとやめられなくなるよ!

 

それではまたっ! See You Again!

更新情報・好きなことを好きにつぶやいてます。